精神鑑定、18人の犯罪病理

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
5

 日本には最近、どうしてそういうことになるのか理解できない犯罪が多い。
それは、いわゆる"食べるため"の犯罪ではないわけで、それだけ皆が裕福になったともいえるのかもしれない。が、反面、心のどこかに失うものがあり、それを埋めるがごとくの犯罪という行動となる。

 そういう事件を耳にしたとき、
「どうしてそんなことをしたのか?」
「どういう経緯でそういう風に考えるに至ったのか?」
考えずにはおられない。
いや、考えてもわからないので、聞いてみたいと思うのである。

 ここには、18人の経緯が"精神鑑定"を通して語られている。

 それぞれの事例を読めば読むほど、怖くなったのは、そこに語られている人たちのことではなく、自分自身のことだった。
 なにか事が起きた状況で、自分が精神鑑定を受けたとしたら、どんな判定が出るのか?その時、私の人生のストーリーを、鑑定者はどう定義づけるのか?
 
 人間は、そんなにクリーンに生きてはゆけない。
普通に生きている(と自分は思っている)今の自分だって、精神鑑定されれば何がしかの"問題"がでてくるのでは?と、読んでいて思った。
前提として、犯罪を犯した後か、前かという違いがあるだけで、そこから推察されるその人の人生ストーリーの作られ方がか違ういるだけなのかもしれないと。

 ある意味"鑑定"という2文字で決定的に定義づけられてしまう人生を、怖いと思った。

*********************************************
 そんな風に思うに至ったのは、シドニーでカウンセリングのクラスを受けたときの体験からだ。カウンセラーとしてのスキルを身につけるためのクラスなのだが、そこでは、2-3人に分かれて何度もロールプレイを繰り返す。それは、単にロールプレイではなく、時に、本当にカウンセリングであったりもする。

 同じようなクラスを日本でも受けたことがあるが、日本語でさえ、思うこと、感じることを言葉にするのは難しい。どう表現すれば、正しく理解してもらえるのか苦労する。それを、少ないボキャブラリーの英語でやろうというのだから、なおさら表現力は限られる。

 そうなるとカウンセラーは、その人の置かれている状況から、その人の心を推察しようとする。気が付くと、クライエントである自分が思ってもみなかったような、お仕着せのストーリーをどんどん展開されてている場合もある。
 そんな時はもちろん、「それは違う!」と言いたい。言いたいけれど、「じゃ、どうなの?」と問われると、うまく英語で説明できないし、結局ことが面倒になるだけなのかも等と、頭の中でぐるぐる考える。

 で、結局「ま、そういうことにしておこう」と思ってしまうわけである。

 所詮それはクラスの中での出来事なので、私の人生に差し支えはない。
 が、これがもっと別の場面だったら・・・
そのときの状況で、果たして最後まで自分の主張を、的確な言葉で言い切れるのか?日本語でも不安はあるなと思った。

 犯罪者に限らず、偉人だろうがなんだろうが、人の人生は聞いてみたい。
けれど、人生を語るのは難しい。
そんなことを、ふつふつと考えさせられた。

 ノーマルである・・・と人から思われている間に、精神鑑定を受けておきたいものだ。 

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 脳と心と身体の話
感想投稿日 : 2004年9月24日
本棚登録日 : 2004年9月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする