カラフル (文春文庫)

3.81
  • (1641)
  • (2238)
  • (2155)
  • (270)
  • (60)
本棚登録 : 15684
レビュー : 2012
著者 :
三船吉光さん ファンタジー   読み終わった 

⚪︎リズム、テンポが良く非常に読むやすい。ページ数も多くなく、集中して読めば数時間で読破出来るだろう。軽いどんでん返しもある。

⚪︎天使が出過ぎず、主人公を助けすぎないのがいい。あくまでガイド役として見守るだけ。これにより基本的には主人公が1人で苦難を乗り越えていくことになる。

⚪︎会話の間を作るのがうまい。文章なのに会話の時のリズムがよく見える。例えば真と父の釣りのシーンで弁当食べながら話す時、2人の会話の間に もぐもぐ などの擬音が入っている。これにより2人の微妙な距離感が伝わってくる。

⚪︎登場人物全員に光と闇の部分があるのが面白い。一概に良い人、悪い人と呼べる人が1人も登場しない。人は誰しも明るい部分と暗い部分を持っていて、それはまた見方によっても良し悪しが変わる、そんなことを思わせてくれる。

⚪︎生きる希望を与えてくれる後味のいい話だった。終盤のぷらぷらのセリフの、人生を長いホームステイだと思えば気が楽になる、みたいな台詞にはすごく心に響いた。自分もそう思えば真のように大胆に、そして心の思うままに自由に生きられると思った。

レビュー投稿日
2016年3月10日
読了日
2016年3月10日
本棚登録日
2016年3月10日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『カラフル (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『カラフル (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『カラフル (文春文庫)』に三船吉光さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする