九十九十九 (講談社ノベルス)

3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 775
レビュー : 113
著者 :
悠然卿さん  未設定  読み終わった 

「苦しさを感じるなら、僕なんて愛さなくていいんだ」
ああああああああああああああああ!




清涼院流水「JDCシリーズ」トリュビュート、『九十九十九』。旧約聖書、ヨハネ黙示録による見立て。見立てによる見立て。マトリョーシカのような章立てで全体が構想されている。正直、これがオリジナルじゃないかって疑う位、舞城色が色濃い。もうメタもメタ。
仮に、もし、三つ子が生まれたら、その名前を≪寛大≫≪誠実≫≪正直≫という名前を付けようと本気で考えている。嘘。




アーメン。賛美、栄光、知恵、感謝、誉れ、力、威力が、世々限りなく私達の神にありますように、アーメン……、

レビュー投稿日
2013年1月15日
読了日
2013年1月15日
本棚登録日
2013年1月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする