アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書)

3.56
  • (6)
  • (9)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 15
著者 :
悠然卿さん  未設定  読み終わった 

『旧約聖書』における、神が天地創造の最後の日につくったアダムとイヴという存在は遠い遥か時空を越えて我々の周知の奥底にいまなお根付いている。名前くらいはきっと誰でもというくらい知っている。そのくらい、認知されている。近年でいえば、アップル社のロゴも、エデンの園の禁断の木の実に由来するものらしいし、遺伝子研究の「ミトコンドリア・イヴ」や「Y染色体アダム」もこの元来の神話にどうやら由来するものらしい。日本アニメ『エヴァンゲリヲン』、渡辺淳一著の『失楽園』も記憶に新しい。しかし、の内容把握にはまちまちで、たとえば、最初につくられた人間は両性具有であるアダムとし、またアダムの中の「思考の力」とされる『光のエピノイア』を取りだし、女の形に倣ったものがすなわちイヴで、十三本の肋骨の内のより心臓に近い一本を抜き取りそこからイヴが誕生したという奇怪さ。そこから分離し、「男女」という性別が生まれた。このことから女性蔑視の観点から男女差別の議論されてきたものだし、たとえば、「エデンの園」の楽園の位置において時代、時代の名のある神父や哲学者、考古学者が現実な世界において特定につとめようとしたことはまた興味深い。たとえば、エデンの東に追放されたアダムとイヴはカインとアベルを生み、父の愛をうけたアベルを傲慢で嫉妬深いカインは実弟を自らの手で殺害する。そのアベルの代わりにセツを生むが、このセツが神の恵みを受けた人間の美徳の原点とされている。たとえば、アダムが齢九三0で死したことを知らない。たとえば、セツが、旅路のすえ、アダムが死んだ墓の上に「アダムが罪をおかす原因となった木の枝」をその墓の墓標として建て、その成長した「アダムの木」が、後にキリストが磔にされる十字架の材料になることを知らない。こうしてまた原点に回帰する。ぐるぐると。寓意的な世界観はときに人間の心を魅了し、また、惑わす。

レビュー投稿日
2013年10月3日
読了日
2013年10月3日
本棚登録日
2013年10月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神...』のレビューをもっとみる

『アダムとイヴ - 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする