ノラガミ(19) (講談社コミックス月刊マガジン)

3.79
  • (10)
  • (13)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 219
レビュー : 9
著者 :
有穂さん 漫画   読み終わった 

作者さん、身体は大切に、だね。お大事にです。
続きが読めてよかったです。
カラーイラストがいつもきれいなので、電子にせず、紙で買いに行ってよかった。
今回も綺麗。
前回の誓約いの結果が気になっていたので、そこもまず。
その後の天の対応も。
でも、雪音が持ってかれやしないかとはらはらですね。
何やら最終章への足掛かり的な一巻となりましたが、夜卜が代替わりしたら全然違う人になっちゃいそう。
なんとか今のままでしぶとく生きてほしい。
今回のあれっ?えっ?という以外要素の提供は、ギャグパートになぜか主従で出張ってきたタケミカヅチ様。
あれっ、敵対してなかったっけ?の頭だった私は混乱。だけど楽しそうだからまあいいかと、その後はヴィーナの代わりに入ってきたメンバーという事であっさり受け入れ。
巻末四コマの、そこに至るまでの流れがたまらない(笑)
タケミカヅチ様に関しては、八雲立つのイメージもあるので、敵方キャラがなかなか馴染まなかったのだけど、だんだんいい感じになってきましたな。
夜卜とうまくやっていってほしいわ。
そして天神さま、ファンキーなおじさまで素敵大好き!
大人的役割の人がいると安心するわ。見守ってあげて。
大黒さまと小福さんもよかったね。
家族って感じがして二人とも好きです。
アラハバキと七さんもこの先があるのかな。
そして、行方不明の兆麻と大怪我のヴィーナ。
きな臭さを残して、次巻も楽しみにしてます。
この辺またアニメ化してくれないかな。

レビュー投稿日
2018年8月19日
読了日
2018年8月19日
本棚登録日
2018年8月19日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ノラガミ(19) (講談社コミックス月刊...』のレビューをもっとみる

ツイートする