砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)

4.14
  • (10)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 9
著者 :
yuzukonさん 海野幸   読み終わった 

海野先生の初めてのオメガバースもの。とても楽しくておもしろくてきゅーんとして素敵なお話でした。
押しの一手のみとサイードを掻き口説く(でも本当に邪魔になることはしない)泉生がとてもおかしく可愛らしく健気でした。そして愛の礫をこれでもかとばかりに投げつけられる(笑)サイードが、次第に泉生に参っていく様子がとてもよかったです。でも自分が本当にアルファかと苦悩する姿も切なくて。そんな苦悩も泉生がからりと笑い飛ばしてくれるので、これは参るよねと。ふたりのやりとりがとても楽しくおかしくて、そして胸にじんわりと沁みます。堪らない。
最後のえっちもぐっときました。こちらも幸福感で満たされるような。
小冊子も楽しかった。

レビュー投稿日
2019年3月23日
読了日
2019年3月23日
本棚登録日
2019年3月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しい...』のレビューをもっとみる

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『砂漠に花の降るように ~世界で一番愛しいオメガ~ (二見書房 シャレード文庫)』にyuzukonさんがつけたタグ

ツイートする