千のプラトー―資本主義と分裂症

3.34
  • (15)
  • (9)
  • (62)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 282
レビュー : 16
yuichiさん ジル・ドゥルーズ   未設定

雑誌・文藝(2009年冬)のアンケートの答え:安藤礼二
近代的な表現のリミットを確定してしまった本

『千のプラトー』というタイトルは人とも物とも無関係な固体化の様態をあらわしているのです。-『記号と事件』ドゥルーズ

レビュー投稿日
2009年10月15日
本棚登録日
2009年10月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『千のプラトー―資本主義と分裂症』のレビューをもっとみる

『千のプラトー―資本主義と分裂症』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする