キャッシュフリー経済 日本活性化のFinTech戦略

3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 5
著者 :
yuichiさん  未設定  未設定

破壊的イノベーションを担うディスラプターとして後に注目されるようになる企業は、スマホやクラウドの普及と時を同じくして次々と創業している。
すなわちAirbnbの操業が2008年、ウーバーは09年創業である。FinTecch分野では、ロボアドバイザーのBettermentが2008年創業、トランザクション・レンディングのKabbage、モバイル・バンキングのSimple、モバイルで簡単にカード決済を受け付けられるようにし、インストア決済にイノベーションをもたらしたスクエアが09年創業、ウェブ決済のStripeが10年創業である。

わが国においては、銀行とFinTechの競争というより、強調や提携がが喧伝されることが多い。米国などでも、FinTechが銀行を駆逐するような事態は生じておらず、両者の提携の話題も少なくない。
そもそもFinTechと銀行は機能が異なるため、両者が全面的に競合することはない。仮にFinTechga銀行の機能を担うようになれば、銀行免許を取得する必要がある。その場合、FinTechと銀行の競争ではなく、銀行同士の競争となる。FinTechが、FinTechのままで銀行を駆逐することは論理的にありえない。(あとがき)

レビュー投稿日
2017年10月14日
本棚登録日
2017年10月8日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『キャッシュフリー経済 日本活性化のFin...』のレビューをもっとみる

『キャッシュフリー経済 日本活性化のFinTech戦略』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする