“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究

3.58
  • (7)
  • (18)
  • (30)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 9
yuichiさん  未設定  未設定

グローバリゼーションの結果、伝統的なムラ共同体が解体しますが、小熊のみるところ、そこから遊離した個人による「都市型のポピュリズム」こそが、この運動の本質でした。この運動は、それまでの政治運動のように、業界団体や村落共同体、あるいは労働組合や都市上京者の新たな共同体に基礎を置いていません。その意味で、従来の運動とはまったく異質だったことに小熊は注目します。

レビュー投稿日
2010年7月30日
本棚登録日
2010年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動...』のレビューをもっとみる

『“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする