自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

4.03
  • (39)
  • (30)
  • (23)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 687
レビュー : 52
著者 :
ぜにがた あざらしさん 日本文学 著者 た行   読み終わった 

はやぶさ2が旅立った直後の「二十億光年の孤独」は感慨一入。ネリリ キルル ハララが楽しい。最後のくしゃみでハッと我に返る。

「美しい夏の朝に」は視野の広がりが清々しい。

「就寝」は何とも言えない不安をかかえたまま眠りにつくやるせなさに共感できた。

おもしろいのは「日本語のカタログ」。取扱説明書や電報にもポエムを見出す感性がすごい。

花の名前をおぼえたくないという「はな」も好き。

言葉のシャワーをたっぷり浴びた。

レビュー投稿日
2014年12月11日
読了日
2014年12月11日
本棚登録日
2014年12月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューをもっとみる

『自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする