島はぼくらと

4.02
  • (468)
  • (659)
  • (330)
  • (45)
  • (5)
本棚登録 : 3770
レビュー : 591
著者 :
制作 : 五十嵐 大介 
ぜにがた あざらしさん 日本文学 著者 た行   読み終わった 

小さな島を舞台にした懐が深い物語。10代はもちろん、どの年代の方にもおすすめ。
高校生の青春群像といっても恋バナはごく少なめで(そのさじ加減が絶妙なんだけど…)、彼らのまなざしは島で暮らす老若男女に向けられています。
メダリストの話、「兄弟」の話、母子手帳の話、幻の脚本の話、そして将来の話。繰り返し読みたくなるような心に響くエピソードが満載でした。
衣花が就いた意外な職業に、そうきたかっ! でも納得だなぁ。

レビュー投稿日
2016年7月2日
読了日
2016年7月2日
本棚登録日
2016年7月2日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『島はぼくらと』のレビューをもっとみる

『島はぼくらと』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『島はぼくらと』にぜにがた あざらしさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする