七つの怖い扉 (新潮文庫)

3.17
  • (29)
  • (82)
  • (323)
  • (36)
  • (12)
本棚登録 : 983
レビュー : 109
Ryoko*さん ホラー   読み終わった 

みすく面白かった。宮部さんのホラーはやはり時代物なんですね。現代ものも読んでみたい。記憶に残ったのは母親の自殺した別荘で母の気持ちと行動を知る「母の死んだ家」と小池真理子の「康平の背中」。やはり小池真理子のホラーは良いなぁと思う。怖さと切なさがあって。鈴木光司の「空に浮かぶ棺」は「リング」の貞子が生まれた時の話かな?

レビュー投稿日
2018年7月20日
読了日
2018年7月20日
本棚登録日
2018年7月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『七つの怖い扉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『七つの怖い扉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする