How Buildings Learn: What Happens After They're Built

著者 :
  • Penguin Books (1995年10月1日発売)
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
2

建物に「学ばせる」ためには、そのユーザー自身との結びつきが重要。ユーザー自身が試行錯誤しながら学ぶこと。オーナーが遠くに住んでて物件に関心を持ってないとダメ。この結論は[行列のできる賃貸住宅の大家さん](http://greenz.jp/2014/08/22/maison_aoki/)の話と一緒だなあ。そして情報建築についても同じようなことを考える必要があると思う。なお、shearing layers of changeやpace layeringの考え方は、すでに情報建築に取り入れられている。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 建築
感想投稿日 : 2014年9月16日
読了日 : 2014年9月16日
本棚登録日 : 2014年9月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする