絡新婦の理 (講談社ノベルス)

3.77
  • (506)
  • (328)
  • (893)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3192
レビュー : 276
著者 :
糸色ひむりんさん ミステリー   読み終わった 

 今回は、まぁ見事です。
 ☆5のレビューは久しぶりですわ。

 眼潰し魔無差別殺人事件
 女子学園黒魔術事件
 貴族の館事件


 その全てが、別の糸から始まりながら、
 少しずつ繋がりを見せつつ、
 さらに女性解放運動やら色々な事件がさらなる絡まりを見せ、
 最後には蜘蛛の巣の中心「蜘蛛」へと向かって行きます。 
 
 「あなたが蜘蛛だったのですね」
 
 へ向かう物語の結末は見事としか例えようが無い。
 

 今までの登場人物がわんさか出てくるわ、新キャラが多いわが、一番の難点で、
 正直名前をあまり覚えられない私からすると、登場人物表が欲しいです。
 そこは、自分で登場人物をメモして栞がわりにでも使って下さい。 
 
 ラストへ向かうくだりは秀逸ですが、
 それ故に、最後の解説がいらなくなります。
 全部答えは途中に書いてあるから。 
 この意味は読んで確かめて欲しいのですが。

 本気で二周目を読みたくなりますが、
 長いのでやっぱり読まない。

 京極堂シリーズの中でも人気があるのが分かる作品です。

レビュー投稿日
2011年6月25日
読了日
2010年9月14日
本棚登録日
2011年6月25日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『絡新婦の理 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『絡新婦の理 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『絡新婦の理 (講談社ノベルス)』に糸色ひむりんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする