チェインクロニクルから学ぶスマートフォンRPGのつくり方 (星海社新書)

  • 星海社 (2018年9月27日発売)
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 3

『チェインクロニクル』はリリース当初に、1ヶ月くらい結構ハマって遊んだ。ただ、タイミング的にあんまりやる時間が取れなかったので、やめてしまった。

何度か再開しようかとも思ったんだけど、結局、やってない。

本書の中でスマートフォンでRPGを体験させようとすると、以下の三つの問題点があるとしている。

--------------------
①基本プレイ無料がRPG体験に向かない
②スマートフォンかをポケットから出して短く遊ぶ感覚がRPGに向かない
③運営するゲームであることがRPGに向かない
--------------------

なるほど。
という感じ。
コンシューマRPGの名作をそのままスマホに持って来ても、意外と楽しくなかったりする。

で、その解決策、と言うか、『チェインクロニクル』でどうやって、それを解決したか?を本書の中で提示していく。

僕は必ずしも解決できているとは思わないけど、納得はいった。

本書の中で印象的だったのは、下記の一節。

--------------------
注意すべきは、コンセプトはなるべく短くすることです。可能なかぎり一行でシンプルで具体的に。これがとても大事です。なぜかというか、コンセプトの役割はゲームを開発・運営している最中に「今、自分達が作っているものは一番面白いポイントをちゃんと押さえているのか」を確認するためのものだからです。
--------------------

これまでに読んだ、ビジネス書や創作ノウハウの本とかでも、だいたい同じニュアンスのことが出てきてた。コンセプトがしっかりしてない企画はグラグラする。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ゲーム
感想投稿日 : 2019年1月20日
読了日 : 2019年1月19日
本棚登録日 : 2019年1月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする