週刊東洋経済 2018年12/8号 [雑誌]

2.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 1
zizochanxさん 雑誌   読み終わった 

今回の特集は「マンション絶望未来」。

バブル並みに価格が高騰したことで、売れ残る新築。
大規模修繕が必要なのに、身の通しの立たない中古。

様々な苦難を抱える、マンション業界の今をレポートしている。


というわけで、度々やってくる「不動産系」の特集。

何度かこの手の特集をやっているが、本誌の不動産に対するスタイルは一貫して、
「今は値が高い。このあと必ず落ちる」
というもの。

とりあえずこの言葉を信じて、今の所マンションを買う予定は全く無い。

なので、今回の特集の内容自体はまあどうでもよかったりする。


ただその中でも、「悪質コンサル」のページは面白かった。
マンション管理を引き受けるはずの設計コンサルタントが、いかに悪質な手口でお金を巻き上げるのかが解説されている。

その狡猾な手口を読んでいて、何ていうか、「悪も大変だな」と思った。

この手の悪者の金稼ぎは、ふんぞり返っていれば大金が入ってくるイメージがあるが、全然そんなことはなかった。

新たな手口を考えて、用意周到に準備を整えて、巧みな話術で思考を誘導して……。
当たり前だけど、悪は悪なりに努力しているのだ。

もちろんこんなこと許されるべきではない。
が、利益を上げるための企業努力と言いかえれば、少し見直すべき面もあるんじゃないだろうか。

世の中を隙間を突いて、新しい手口(ビジネス)を考えつく人は、なんとすごいんだろうと思う。

レビュー投稿日
2018年12月12日
読了日
2018年12月12日
本棚登録日
2018年12月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『週刊東洋経済 2018年12/8号 [雑...』のレビューをもっとみる

『週刊東洋経済 2018年12/8号 [雑誌]』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

週刊東洋経済編集部の作品一覧

週刊東洋経済編集部の作品ランキング・新刊情報

ツイートする