皇位継承のあり方: “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書 382)

著者 :
  • PHP研究所 (2006年1月1日発売)
3.13
  • (0)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
感想 : 4
4

連綿と続いてきた皇位継承の基本は、直系男子を基本とするが、天皇の多妻を認め、皇族を確保してきたことが重要。昭和天皇が一夫多妻を拒否された現在は、皇室典範で否定されている養子と女性天皇を認めるべきとの主張。女性宮家の容認も主張。
筆者は皇統維持を重視する一方、皇族にも厳しい意見を向ける。皇位の継承は一般的な権利でも義務でも無く、まさに皇室固有の特別な地位・役割を引き継ぐことに他ならない。天職だとする。また女性天皇否認論などを表した三笠宮寛仁親王にも厳しい批判を示す。
皇室を愛するまじめな学者さんというイメージで好感。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 日本
感想投稿日 : 2011年10月21日
読了日 : 2011年10月20日
本棚登録日 : 2011年10月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする