MW (2) (小学館文庫)

3.86
  • (98)
  • (105)
  • (125)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 828
レビュー : 73
著者 :
ぴのさん  未設定  読み終わった 

毒ガスをはじめとして都合の悪いことを隠蔽しようとする政治家が汚く見えつつも、復讐のために凶悪な犯罪を犯し、最終的に人類滅亡を目指す結城の生き方、そして苦悩の中で自分を律し続ける賀来の姿。それぞれに人間の様々な面を見ることができたと思う。

ラストは結城らしいといえばそのとおりなラスト。秀逸なラストだと感じたけど、後日譚も読んでみたくなりました。

やや好みのわかれる作品だと思いますが、社会派ドラマやドキュメンタリーなどが好きな方には合うんじゃないでしょうか。

レビュー投稿日
2011年8月1日
読了日
2011年8月1日
本棚登録日
2010年9月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『MW (2) (小学館文庫)』のレビューをもっとみる

『MW (2) (小学館文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする