図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)

4.30
  • (2496)
  • (2023)
  • (718)
  • (68)
  • (17)
本棚登録 : 16698
レビュー : 1046
著者 :
制作 : 徒花 スクモ 
はーべすとちぇりーさん  未設定  読み終わった 

小牧さん~!まりえちゃんのことになると冷静になれなくなってしまう、そんな小牧さんがかわいくみえます。どんだけ好きなんだー!
もう子供に見えないからこまってるよ、は映像化された田中圭くんの小牧さんが頭の中にうかんでしまうー!きゅんきゅん。

砂川事件の査問のシーンはひやひやでした。でも査問後の録音されたベタ甘会話は爆笑。
まだお互い認めてないけど、シリアスな場面のこういうちょいちょいベタ甘がきゅんきゅんですよね。

そして手塚兄!兄との対面の会話はまどわされず、郁の心情がすごくはっきりしててやっぱり郁は芯のある子なんだぁって改めて感じました。わかってはいたけど、はっきり言う姿勢にホッとしたし感心。

王子様の正体。やっとわかるけど、これは恥ずかしいわ笑

レビュー投稿日
2015年12月8日
読了日
2015年12月3日
本棚登録日
2015年12月3日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) ...』のレビューをもっとみる

『図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする