Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)

  • 20人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : Louis Sachar
  • Scholastic Paperbacks (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780590460750

Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ○あらすじ
    卒業を間近に控えた六年生のLauraは、
    友達二人と一緒に秘密クラブを作ることに。
    クラブ名前は、彼女がいつもかぶっている帽子に書かれた言葉“Pig City”。
    でも、秘密クラブを作ることは学校で禁止されているため、
    メンバーには秘密を守るための“保険(?)”として、
    自分の恥ずかしい思い出や物を持ってきてもらうことにします。
    そんな中、クラブのことを知っていると同じクラスのGabrielから
    言われてしまったLaura!
    どうにか彼女からバレたことが他のメンバーに分からないように
    彼をクラブに入れることにするのですが…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    Louis Sachar作品です。

    最初は、秘密クラブ結成からメンバー集めの話が続いて、
    一体この話はどうなるんだろう?っと、疑問に思いながら読んでいたんですが、
    中盤から急展開していきます♪

    初めの方のLauraの悩みなんて、
    傍から見てると大したことないんですが、
    ちょっとした誤解が、笑いとイタズラと涙と恋に繋がっていきますw

    とにかく会話や小道具(?)が面白すぎてww
    登場人物が多いので、最初に人物紹介が載っているんですが、
    そこから笑えます(爆
    たとえば、主人公Lauraの説明…
    "Laura - Our hero. If you forget who she is, then you'll need more than this list to help you."
    彼女の友達Allisonの説明なんて、
    "Allison - Always wears clean underwear."(苦笑
    全然紹介になってないし(爆
    Gabrielが悩みに悩んで書いたLauraへの手紙が面白すぎて、
    そのページを開くたびに笑えますw
    彼女たちの担任Mr. Doyleも最高!!ww

    久しぶりに、笑って泣かせていただきました☆

  • たった一つの誤解がこんなことになるなんて・・・。子供の世界もた〜いへん!人間歯止めが利かなくなるものですよね。難しい年頃に向かう子供たちがよく分かる1冊。

  • 卒業間近の6年生で、秘密クラブPig Cityのローラを中心に、ひょんなことから、対立関係が生じ、言い争いから、ちょっとやりすぎじゃないかと言う争いに発展。そんな中に、異性を意識するなど、どんどん引き込まれ、おもしろかったです。最後もすごくすがすがしく感じる終わりかたでした。それにしても、こんな争いを小学生でやっていたら、恐ろしい気もします。

全4件中 1 - 4件を表示

Louis Sacharの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)はこんな洋書です

Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)の図書館

Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)の図書館

Sixth Grade Secrets (Apple Paperbacks)のハードカバー

ツイートする