砂の界(くに)へ (朝日文庫)

  • 16人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 岸恵子
  • 朝日新聞社 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022641946

砂の界(くに)へ (朝日文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (2000.02.02読了)(拝借)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「日本やヨーロッパだけに棲んでいたのでは想像もつかないもう一つの世界「砂の界」へ、私はひょんなきっかけから足を踏み入れたのです…」パリで起きた暗殺事件を機に、戦乱の地イラン、そして過酷なナイル河遡行へ。溢れ出る自らの想いを、娘との対話を交えて綴る。

  • 素敵マダム岸恵子さん。
    言葉とテンポが独特なイラン旅行記。(80年代初頭かな?)

    女優さんなので、行動とかは読んでると
    破天荒な女優さんそのものなんだけど
    岸恵子さんの感じ方やそれを伝える描写は、
    とっても正直で魅力的。

    常に本質をきちんとお話されたい方なのかなあって思います。
    ただの旅行というよりは
    ジャーナリストの感覚に近いように感じました。

    岸恵子さんの本は全部おもしろいけど
    あんまり数がでていないので、
    もっともっとたくさん本を書いてほしいなあって思う人です。

  • イランとエジプトの旅行記。といっても半分仕事。
    文体が妙だが、内容が強烈なので読める。

全3件中 1 - 3件を表示

砂の界(くに)へ (朝日文庫)のその他の作品

砂の界(くに)への詳細を見る 単行本 砂の界(くに)へ 岸恵子

岸恵子の作品

砂の界(くに)へ (朝日文庫)はこんな本です

ツイートする