魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)

  • 7人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三原みつき
制作 : CHuN 
  • KADOKAWA (2017年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040690162

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)の感想・レビュー・書評

  • ハーレムものはつい新しい登場人物にスポットが向きがちなところ、既存のキャラクターを大事にする主人公のスタンスは守られていて安心できます。シリーズものが長く続くほど、読者のキャラクターへの愛着は強くなりますが、一方で読者が感じる作品そのものへの新鮮さは弱くなっていくため、いかに新しさを取り入れていくかという悩ましい課題があります。今回はこの点がやや弱いように感じました。また、1話(1巻)で展開を区切りにしていないため起承転結がどこかわかりづらく「え。もうクライマックスだったの」という残念感を残してしまうかもしれません。

全1件中 1 - 1件を表示

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)を本棚に登録しているひと

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)を本棚に「積読」で登録しているひと

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)の作品紹介

決戦の地・アトランティスで巻き起こる魔法先進国精鋭同士の戦いは、その場限りの結託と裏切りの連続で苛烈を極めていく。一樹は乱戦の狭間にロキの影を垣間見、自陣の絆を深めていくのだが――。

魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス>13 (MF文庫J)はこんな本です

ツイートする