母の死 (角川文庫)

  • 14人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中勘助
  • 角川書店 (1988年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028018

母の死 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表題作「母の死」友人の娘妙子さんとの交流を描いた「郊外そのニ」など、八篇を収めた作品集。<br>
    親子ほど年が離れている妙子さんと中勘助の関係は、見てはいけないもののような気がしてしまう。こっちが邪な目で見ているせいなのかなんなのか。妙子さんかわいいです。<br>
    「母の死」に描かれている悲しみは、誰でも経験するかなしみなのだろうなあ、たぶん。
    「覚醒して苦しんでるのよりは麻酔した寝顔のほうが見たい。」「意識は確だが目をあかなくなった。母よ。母よ。私はもっと見てほしいのに。」

全1件中 1 - 1件を表示

母の死 (角川文庫)のその他の作品

母の死 (角川文庫) Kindle版 母の死 (角川文庫) 中勘助

中勘助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
高野 和明
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
大岡 昇平
宮部 みゆき
ジェイムズ・P・...
冲方 丁
梶井 基次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

母の死 (角川文庫)はこんな本です

母の死 (角川文庫)の作品紹介

死にゆく母を見まもる日々、私は悪いことでもするように、そっとひとつ母の額にくちづけた。そしてある日、母はかすかに「あした…」とつぶやく。透明な悲しみに満ちた表題作「母の死」。年の離れた少女妙子との純粋無垢な愛の交流を、淡々と描く「郊外その二」など八篇を収録。ロングセラー「銀の匙」の作家中勘助の珠玉作品集。

ツイートする