盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)

  • 42人登録
  • 3.76評価
    • (2)
    • (9)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 徒然
制作 : 池上 紗京 
  • KADOKAWA/角川書店 (2015年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041028223

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白いかも。主人公とヒーローそれぞれの視点で描かれた語り口も、お互い何を考えているのか分かりやすいです。ヒーローである竜王・ジルが誰が悪役で誰が善か誤解することなく、最初から主人公・フィリスに甘々なので安心安心。

  • 1人称視点が変わるのですこし戸惑いましたが。

    おとぎ話っぽくて素敵なお話でした。

  • 閉鎖的な村で身寄りのなかった少女は年の近い村長の娘に拾われ、彼女の下で働くことに。この村長の娘、蝶よ花よと育てられたせいか、自分以外が注目されるのに我慢ができず。拾った少女に対し、周りに悟られないよう差別してる。見かけは天使かもしれんが腹の中真っ黒でク●ですわ!でもまぁ、ヒーローは気づくわけ。さすが竜王ですよ!主人公ヒロインちゃんに彼は一目惚れしちゃってたんだけど、最初は気づいてなくて何かと世話やいてる姿がなんだか微笑ましい(笑)さすが竜王!

  • 折れた。男女視点が交互にあるため、同じ時間軸をもう一度繰り返す構図に苛ついてしまった。
    もう少し読めば面白くなったのだろうか…

  • 買ったけど他のビーンズ文庫との厚さの違いに「読めるかな…?」とちょっと積読状態でしたが読み始めたらサクサク読めました。面白かった。文章は登場人物目線で進んでいくし、内容もテンポ良く上手くまとまっていたと思います。メインはフィリス目線ですがたまにジル目線が入り、そして侍女目線も入る(笑)

    だんだんと可愛くなっていくフィリスにジルは心配で堪らないのでしょうね(笑)微笑ましい気持ちにさせてくれました。過保護気味な感じもするけれどww
    次巻で完結らしいので早く続きが出ないかな~と楽しみにしています。ネット小説の方を読めばいいんだろうけれど紙媒体で読む方が個人的には好きなので発売するのを待とうと思います。

  • ウェブ連載の頃から好きで読んでいたので、書籍化は普通に楽しみでした。

    しかし、読んでいて気づいた。
    私、ガントをオッサンだと勘違いしていた……。挿絵見て「ファッ!?」となりました。そういや、どこにもオッサンとは書いていなかったような? 思い込み激しい。

全7件中 1 - 7件を表示

徒然の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)を本棚に登録しているひと

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

竜王は世を治める代償として、人族の花嫁を得る――それがこの世界の盟約。花嫁候補者の付き人として選ばれた少女フィリスの、苛烈な運命と恋物語が幕を開ける! 大人気WEB小説、待望の書籍化!!

盟約の花嫁 (角川ビーンズ文庫)のKindle版

ツイートする