後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)

  • 83人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 篠原悠希
  • KADOKAWA (2017年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041056936

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
恩田 陸
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 後半怒濤の展開
    1巻からすると、2巻の顛末まではもう少し長引くと思った

  • 第一弾ほどの感動は無かったように思う。時代背景や東洋医学などの下地が韓流ドラマに似ているなという印象を受けた。
    あらすじ(背表紙より)
    大陸の強国、金椛国。一族が殉死となった悲劇の名門・星家の生き残り、遊圭は、女装し後宮で女官として勤めることに。薬膳の知識と教養を認められ、美貌の宦官・玄月に全てを知られながらも、手足として働くことになったのだ。今度の指令は、皇太后の娘・麗華の健康回復。彼女は引きこもりで厭世的な、かなりの難敵。しかしそれは影向きで、本当の任務は、麗華の母・皇太后の陰謀調査で…。中華後宮ファンタジー第2弾!

  • 遊圭たちが懸命に取り組むほど、後宮から逃れられなくなるのが切ない。次からはあの法に挑むのかと思うと、これまでよりも一層見守る手に力が入りますね。がんばれ遊圭。
    状況から逃れられないのは遊圭だけじゃなくて、ずっと前から玄月も主上も同じなのかなと。そこから動けないなら、道は自分で作るという意志が強くて見ている方がハラハラする。
    それから麗華公主の選んだ道も、逃げない覚悟がまぶしいです。

  • 遊々は虚弱だというのに、こうも次々ハラハラする役目を負わされたらストレス死しちゃうよー!しかも、事が上手く運んで後宮の外に出られると思ったのも束の間、更なるピーンチ!良いように玄月に操られてるなあ。早よせんと、男の子っぽさがでちゃうよ?

  • 平積みされていたので、ふと手にとったシリーズ。

    続きそうな感じで終わっているので、自作も楽しみにしています。
    しかし、この話、終わりはあるのかね?

全6件中 1 - 6件を表示

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)に関連するまとめ

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)の作品紹介

大陸の強国、金椛国(きんかこく)。
皇帝の代替わりに際し、一族郎党殉死という悲劇となった名門・星家の御曹司、遊圭(ゆうけい)は、
町娘の明々(めいめい)の救いにより、女と偽り後宮で女官として務めることに。
家事働きは全くできず、「使えない」という烙印を押された遊圭だったが、叩き込まれた教養と、生来の虚弱体質のため身についた薬膳の知識によって、
次第に後宮で必要とされる存在に。
美貌の宦官・玄月(げんげつ)に正体を疑われつつも、「使える」存在になったことで命拾いした遊圭。
今度は皇太后の娘で引きこもりのぽっちゃり姫・麗華(れいか)の心身の健康のため、公主の部屋付きを命じられることに。 
そして後宮に渦巻く女達の野心と怨念が生む陰謀に巻き込まれて……。
大人の男になるまでに、遊圭は果たして後宮を出られるか? 
知識と機転で切り抜けろ! 中華後宮ファンタジー第2弾!

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)はこんな本です

後宮に月は満ちる 金椛国春秋 (角川文庫)のKindle版

ツイートする