建礼門院という悲劇 (角川選書)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 佐伯真一
  • KADOKAWA/角川学芸出版 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047034457

建礼門院という悲劇 (角川選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 建礼門院という女性は一体どんな女性だったのか、それが知りたくて読みました。実際彼女に対する資料は少なく、それも殆どが推測の域を出ないものばかりですが、色々な「平家物語」諸本に描かれている彼女の姿を垣間見ることが出来ました。実際の彼女は一体どんな女性だったのか、今となっては何もわかりませんし、立場上色々な思惑や好奇心の目に晒され、あることないことを後世に残され、悲劇と言う言葉以上のものを感じずにはいられませんでした。 本自体は全体的に色々な文献からの紹介や比較、表にまとめてありわかりやすく面白いものでした。が、小町を例にとっての箇所、「つまり筆者が何を言いたいのかというと」に来るまでが長すぎ、回りくどすぎ、何のためにここまで話を広げて例えたのかと、ちょっと疲れました…「つまり」を読むと「ああ、そういうことか」と納得できるのですが、そこに至るまでが長すぎて周りが見えなくなり「何の話だっけ」と思わざるを得ず、正直苦痛もありました。

全1件中 1 - 1件を表示

建礼門院という悲劇 (角川選書)のその他の作品

佐伯真一の作品

建礼門院という悲劇 (角川選書)はこんな本です

建礼門院という悲劇 (角川選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

建礼門院という悲劇 (角川選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

建礼門院という悲劇 (角川選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

建礼門院という悲劇 (角川選書)の作品紹介

壇ノ浦の合戦で源氏の荒武者に捕らわれ、出家して京の大原の里に篭った建礼門院-。彼女を後白河法皇が訪ねる「大原御幸」では、自分の数奇な人生を地獄・畜生などの六道になぞらえて語る。それは、仏に仕える聖女の祈りなのか、愛欲に生きた美女の懺悔なのか、あるいは愛児の天皇を海に沈めてしまった母の苦悩なのか。好奇の眼にさらされ、さまざまな憶測を呼んでいた彼女に、『平家物語』が語らせたものは何か。建礼門院のつくられたイメージと秘められた謎を明かす。

ツイートする