アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)

  • 1254人登録
  • 3.85評価
    • (81)
    • (144)
    • (120)
    • (6)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 川原礫
制作 : HIMA 
  • アスキーメディアワークス (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048678438

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最近の少年漫画より少年漫画してる

  • 小難しい評価とか抜きで純粋に楽しめたので★5個。

  • 赤の王が意外な現れ方から始まる本書。赤と黒の王とハルユキとが織りなすストーリーに引き込まれてしまった。

  • 新キャラ登場で、新たな展開が。リアルとヴァーチャルで全然違ったキャラとして出てくるのが、人間の多面性を表しているみたいで、面白い。連続で読んでしまいますな。こういうの、本当に好きだ。

  • 加速世界の第2巻
    いい具合に読者を世界に引き込ませる技術はさすがと言える
    夕方から読んで深夜2時まで夢中になって読めた

  • まだ面白さは感じない

  • 自宅に帰ると、お兄ちゃんと呼ぶ見知らぬ小学生が。

    今でさえ危ないというのに、これだけ蔓延していても
    こういう詐欺っぽい事件が…。
    大丈夫だと思うからこそ、な事件?w

    低学年だからこそ、の思いと甘さ。
    そのせいか、やたらに今回の悪人が浮き彫りに…。
    現実にこんな性格の十代がいたら
    知り合いたくないのは確かです。

    関係ないですけど、現実世界でさらっと
    人の事『マスター』呼ばわりって…。
    聞いたらぎょっとしそうですw

  • 自分を良く見せたい。だから、ダメな自分を見せたくない。
    そう思うあまりに、良い自分まで殺してしまうのよね。
    よく見せようと思って見せる自分は、決して良い自分にはならない。

    悪く思われたくないと思うような人に、作った自分を見せ続けるのはとても苦しいし、何よりそれは、「悪い自分を見せたらその人は離れていくに違いない」と思っているということで、それ自体が、その人を信用していないことになってしまう。

    作った自分を見てもらいたいわけではないのだ。
    そのままの自分を認めてもらいたいのだ。
    でも、認めてもらいたい気持ちばかりが先に行くと、悪く思われたくない気持ちばかりが大きくなると、自分を作ってしまう。
    自分で自分を型に嵌め、窮屈な思いで生きていくことになる。

  • 娘の本棚から・・・
    1巻が面白かったので続けて読んでみました。

  • 1で電撃大賞をとってから、シリーズの設定を考えたのかなぁ、アニメで知っている展開だけど主人公の愚痴がマンネリ。ヤング小説の場合、ワンパターンが飽きられる元だろうな。アニメ、ゲームでの工夫はあるけど。暴風娘ニコのキャラは悪くないけど、安易な環境付けは抵抗がある。まぁ、ゲーム、アニメ世代が楽しめればいいのであって、僕が首を捻ってもお門違いだな(笑)気分転換、時間潰しでいいんだし。漫画感覚でOK~

  • 9784048678438 347P 2009・8・19 再販

  • 赤の王、スカーレットレインと
    災禍の鎧、クロムディザスターやらが登場。
    倒したかのように見えたが…って展開。
    さてさて

  • アクセルワールド第2巻。
    ニコの登場は楽しめたのですが、クロム・ディザスターの存在が少々無理があります。ゲーム内で狂っても現実ではどうなっているのか疑問です。
    設定として少々納得いかない部分もありましたが、面白かったです。
    次巻に期待です。

  • 楽しんで読みました。ゲームはゲームとして楽しむものだから。もちろん、本気でゲームをしないと、楽しめないのも確かに。

  • アニメで放送していた部分。
    赤の王と手を組んで、災禍の鎧を倒すところ。

  • 王が君臨した。王は『おにいちゃん』といいながらハルユキの顔を足で弄ぶ。災厄との邂逅、王の素顔に吐血。~ニコちゃんが可愛すぎて僕のパイルドラバーがライトニングシアンスパイクしちゃうよぉ!~

  • シリーズ第2巻、能力の覚醒と黒の王の宣戦布告からその名を広く知られるようになった主人公春雪。しかし、唯一無二と驚かれたその能力も次第に対策され始め、思うように勝てずスランプ状態に。そんな彼のもとに意外な形で接触してきたのは助力を求める最高レベルプレイヤーの一人赤の王だった。
    精神的にも、戦闘面でも挫折を経験しながら着実に成長していくさまは王道的で好感が持てる。今後の展開に大きな影を落としそうな伏線もあり続きが楽しみ。

  •  SAOよりはだいぶこっちのほうが好み、主人公ツエーってやつよりも、弱者がどんどん強くなっていく過程もなかなか楽しめますよね

  • ニコ、大好きです。
    あの性格の2面性と使い分けと周りとのやり取りが好きです。短気そうだけど実はじっくり下調べとか準備とかするちゃんとしたところも好きです。真っ赤な容姿もかわいくて好感あがりましたwもちろん加速世界での話です。現実世界もかわいいですけどね…。
    ニコのことばっかお勧めしましたけど、この巻はこの先ながーく続くアクセルの布石になっている巻なので読み飛ばせないところですね。

  • 913.6 カ (2) 登録番号9289
    生徒リクエスト

  • 1巻より読みにくく感じたのは何でだろう…。レビューを見るとなかなかに好評価なので、ただ今の自分の気分と合わなかっただけかもしれません。ニコがかわいい。

  • 強さと弱さ。その二つは表裏一体で、強さも弱さもそれぞれの人が持っている。そしてそれらは他人が評価するものではなく、自分が評価する事。
    第二巻もぐいぐい読ませる物語で、最後はぐっと来ました。新登場のニコは今後も登場するようで、先も気になる物語は秀逸ですね。

  • 1巻は発売当初に買ったのですが、2巻はアニメ化をきっかけに読みました。
    新たなヒロインニコの登場で新たな物語の展開に期待が膨らみます。

    黒雪姫とニコでハルユキくんを奪い合ったりするんですかね?

  • 今まさにアニメでやってるところ.1巻じゃ卑屈の塊みたいだったハルがどんどんカッコよくなっていってて何か嫉妬する

全49件中 1 - 25件を表示

川原礫の作品一覧

川原礫の作品ランキング・新刊情報

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)の作品紹介

黒雪姫との出会いにより、一回り成長したハルユキ。そんな彼のもとに、「お兄ちゃん」と呼ぶ見ず知らずの小学生・トモコが現れる。二人のいちゃいちゃする様子を見た黒雪姫の冷徹な視線がハルユキを貫く中、「加速世界」では、謎の事件が勃発していた。乗っ取られると精神を汚染され、敵味方関係なくデュエルアバターを襲い続けるという呪いの強化外装「災禍の鎧」。殺戮を繰り返す狂気のアバターを捕らえることができるのは、唯一の「飛行アビリティ」をもつデュエルアバター、「シルバー・クロウ」のみ。「鎧」討伐ミッションを課されたハルユキの運命とは!?第15回電撃小説大賞「大賞」受賞作、待望の続編登場。

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)はこんな本です

アクセル・ワールド〈2〉紅の暴風姫 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする