誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)

  • 109人登録
  • 3.77評価
    • (4)
    • (14)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
  • アスキーメディアワークス (2011年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048709675

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)の作品紹介

校内でも有名な堅物&冷徹な委員長、鈴木未翠。彼女の本当の姿を知ってしまったあの日から、ぼくの隣りにはなぜか委員長そっくりの専属メイドさんが!?そ、そんな委員長!もっともっとメイドがしたいだなんて、いつもはとっても真面目な委員長はどこにいっちゃったの!?だってそんなコトしたらクラスのみんなにばれちゃう!ばれちゃうからぁ…!ノーマル趣味だった高校生、浮原透と、こっそりメイドをせずにはいられない委員長が繰り広げる、世界イチ不器用でやきもきなラブストーリーに、おかえりなさいませご主人様。

誰もが恐れるあの委員長が、ぼくの専属メイドになるようです。 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする