はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)

  • 320人登録
  • 4.01評価
    • (32)
    • (42)
    • (31)
    • (0)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 和ヶ原聡司
制作 : 029 
  • アスキー・メディアワークス (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048918541

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 異世界にジャイロ キャノピーを持ってったらあかんやろ。
    どうせ持って行くなら走破性と耐久性と積載性に優れたカブにすべきやったな。

  • ついにというかやっとというか、ファンタジー世界が舞台の中心になった巻。その世界観の中に、現代日本の日常系が入ってきているのは物珍しさを感じる。主人公たちを襲う陰謀・策謀は伏線張られまくりで、後編(?。10巻)のカタストロフに期待。

  • 魔王傘下の悪魔大元帥(恵美・アルシエル)が掠われ、魔王は親征を決意する。

    鈴之と真奥のフラグも立ち始めたし、なんだかなぁと心がもやもやした。ファンタジー作品でハーレム展開は少し勘弁してほしい…。それにしてもだ、恵美のメンタルが精神的に弱すぎしやしないか。

  • エンテ・イスラに帰ったエミリアを探しに魔王がエンテ・イスラに帰還するお話。
    魔王が何故に人間社会に攻め入ったかなどが明かされる。ガブリエルらの策略に踊らされるエミリアとアルシエルなどなかなかに見どころが多い1冊。
    ちょいとファンタジー多めの味付けで★3つ。

  • 随分と積んでいたのですがようやく読了です。
    …でも次巻への繋ぎの巻でした!決着は次へ。
    いろいろと説明の多い巻でしたね、一気に読み切る勢いが出せず時間かかりました。

  • エンテイスラ編に突入。
    剣と魔法の世界をスクーターで疾走する魔王様。
    一緒に旅する聖職者。

    で、魔王が魔界から侵略してきた理由が明らかに!

    次回、悪魔大元帥と勇者が熱いバトルを?

  • 登録番号:11047 分類番号:913.6ワ(9)
    生徒リクエスト

  • 8 巻と対になって、その頃勇者は……って話です。
    まぁ、やはり一筋縄には行きませんな。
    基本的に勇者というよりお姫様役ですからね。助けられる役にならないと。(^^;
    政治的な話になったり、魔王の過去についていろいろ話されたりと、内容が一杯詰まっている感じですね。
    解決編は次回までのお預けということで。

  • 魔王の考えや悪魔とは?など少しずつ分かってくる回。王なりに民を守るために敵を知り、進んで行動することを指針にしていましたが、「目先のことに囚われ大事なものを掴み損ねた」という言葉はぐっときます。

  • なんか人間界の情勢やら天使たちの策略やら、シリアスな内容だったからか、読むのが辛くて読み切るのに3、4週間かかった気が。ただ、原作がアニメのネタをけっこう反映させてるのは、おもしろいと思いました。履歴書のサリエルの天使姿や、目覚まし時計を蹴る恵美に何より唐揚げが好きな漆原。唐揚げって、下野さんの好みが原作に反映されてるのがすごい。次巻ではとりあえずの決着はつくのか、というか、ついてほしいなあ。

全29件中 1 - 10件を表示

和ヶ原聡司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)の作品紹介

異世界エンテ・イスラから戻らない恵美と、ガブリエルに攫われた芦屋を救うため、世界を渡る決意をした魔王たち。必死にバイトのシフトをやりくりする魔王は、鈴乃と何を持って行くかについて喧嘩したりしながらも、エンテ・イスラを目指しゲートに飛び込む。一方、恵美がオルバの手に落ちた理由とは何だったのか-。故郷の村へと向かった恵美が父ノルドの残した記録の中から気付いた秘密。それは、自らの母や、世界の成り立ちに関わるもので…?

はたらく魔王さま! (9) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする