日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)

  • 75人登録
  • 3.55評価
    • (5)
    • (1)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 楠山正雄
  • 講談社 (1983年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061586000

日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下の子と一緒に少しずつ読んできて、読了。
    これは良い本です。
    古事記と日本書紀をもとにした日本の神話と、日本人なら誰でも知っているであろう十大昔話。
    …でも、神話も十大昔話も案外今の子は知っていないんですよね… 神話は下の子にとっては新鮮だったらしく、「これが日本の始まりの話。ここに出てくる神様たちは天皇の遠い先祖」と聞かせたところ興味津々で読んでいました。(神様たちのいわゆる神様らしくない言動に子どもはびっくりの連続…)
    昔話の方も、ここに収録されているものは、絵本のような幼児向けにマイルド化されたものではなく、より原型に近い形。残酷な表現も出てきますが、私はそこも変に削ったり柔らかく変更しないで子どもに聞かせたかったのでこのような本を探していました。
    …実はこの本を買ったのは上の子が小さかったとき。今調べてみたらもう絶版のようですね。とても良い本なのですが。

  • 三浦佑之の「口語訳古事記」もこの本にインスパイアされたのかな。

    神話部分は本当に神々が生き生きと躍動している。流石に子供向けたのため、食い足らないところはあるが。

    また、昔話は楠山氏のセレクトだと思うが、知らない話もあり面白かった。とは言え、本書は戦前にまとめられたもので、報恩的な話が多く採用されており、多少時代を感じさせるものになっている。これが昔話決定版というには抵抗感もある。

  • 大爆笑! これは古事記から宇治拾遺物語あたりまで読みなおさんといかんな

  • 日本神話をわかりやすくまとめた一冊。
    昔ばなしっぽい作りが、神々を身近にさせてくれる。

    10大昔ばなしもまた、よく知ってる話で、なまじ絵がついてない分、想像力がかき立てられていい感じ。

  • こちらの書の方が、神様のお茶目度UP!!ともかく大好きになりました!スクナ彦尊が、自分大好きです!

全7件中 1 - 7件を表示

楠山正雄の作品

日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本童話宝石集(二)日本の神話と十大昔話 (講談社学術文庫)はこんな本です

ツイートする