さらばサムライ野球

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 講談社 (1991年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062042451

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

さらばサムライ野球の感想・レビュー・書評

  • 印象に残った所のメモ。


    -- 俺はなんて幸せ者なんだろう。地球の反対側の日本料理店で、世紀の大打者から秘密のバッティング・セミナーを受けている。(P31)
    -- 王のことは親友みたいに感じている。だから四月にアメリカで二番目の息子が生まれたときには、王の名前にあやかってコーディ・"オー"・クロマティと名付けた。(P132)
    -- 王には二面性があると言っていた。外面は温厚な紳士だが、内面的には激しい獰猛な性格を秘めている。だからナインとうまくコミュニケーションができないという。(P138)

    この本を読んでいて一番印象に残ったのは、クロマティの王さんに対する尊敬の念。
    本の中で何度も王さんに対する好意的な気持ちを述べている。
    ただ王さんに関して、好きだからただ通り一遍に褒めているのではなく、
    いろいろ人間的な欠点があり、チームが上手くいってなかった事についても触れており、
    あくまで正直に他人に対する素直な評価を書いているのが伝わってきた。



    -- 原が鏡でうっとりとおのれのすがたにみとれているのを、俺は何度も目撃した。(P122)
    -- 「奥さんに何もかもしゃべってはダメだよ。ある程度、秘密をもっていたほうがいい」 原のやつ、どんな秘密をもっているんだろう。(P211)
    -- 原は大リーグで通用するかと聞かれれば、はっきり言って答えは「ノー」だ。スイングに欠点が多いし、守備もけっしてよくない。大リーグでも通用するのは、うちの選手では吉村ぐらいだろう。(P298)
    -- 心から打ち解けることはない。たぶん嫉妬心が邪魔をするんだろう。お互いに、だ。(P380)

    この本でクロマティ以外の中心人物を挙げるとしたら、王さんと原の二人。
    原に関しては基本的に否定的なトーンで、本のいたるところでネタにしている。
    たぶん四つ目の引用文にある、互いに嫉妬し合っていたという一文がすべてなんだと思う。
    個人的に一番笑ったのは、その後の1億円スキャンダルを予想したかのような二つ目の引用文。



    -- 一番苦手なピッチャーは、大洋ホエールズの遠藤という右投手だ。なんともいやらしいフォークを投げてくるし、ストレートも百四十五キロ級だ。あれなら大リーグでもスターになれる。(P46)

    この本で吉村以外に大リーグでも通用すると言及してたのが大洋の遠藤。
    苦手だった事によるリップサービスもあるかもしれないが。



    -- だから弟には俺しかいない。友達であると同時に保護者だし、一つベッドに裸で寝た仲だ。パジャマなんか買えなかった。ネズミにも二人でよくかじられた。(P62)

    アメイカの貧困街で複雑な家庭に生まれ、弟は何度も逮捕されている。
    クロマティがこういう生い立ちなのは知らなかった。



    -- ふと見ると、桑田が隅っこに一人ぼっちで立ち、自分で自分の体にビールをかけている。(P363)

    クロマティ自身は桑田のことを気に入っていると言及しているが、
    どっかの球団の元社長と重なるこの一文には笑った。
    当時のチームでの桑田の立場を如実に表している。



    -- ジャイアンツのコーチ陣がなぜあんなに権力をもち、選手たちから敬意を払われるのか、アメリカ人にはなかなか理解できない。(P154)

    王さんを慕っていた一方で、コーチ陣に関しては基本的にネガティブ。
    特に皆川や柴田の事はボロクソに書いている。
    好意的に書かれてたのは末次と須藤ぐらい。



    -- 「クロマティ、ボールはいつも両手で捕れ」おいおい、よしてくれよ!(P116)
    -- 日本のコーチの中に、「ゴロは体の正面で捕るのが正しい」と主張する奴がいるからだ。三塁ベースラインすれすれに飛んできた... 続きを読む

全1件中 1 - 1件を表示

さらばサムライ野球はこんな本です

ツイートする