ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

  • 182人登録
  • 3.63評価
    • (8)
    • (34)
    • (30)
    • (3)
    • (0)
  • 45レビュー
著者 : 大倉崇裕
  • 講談社 (2015年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062197861

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動物達みんな大切にしてもらってる子ばかりで本当に良かった。
    薄さんの実力はその方面で有名なんだ…けど須藤さんとの仕事を楽しんでくれて嬉しくなりました。

  • ますますいいコンビに!
    連作なのでさらっと読めるのも良い。

  • シリーズ3作目
    相変わらず二人のダジャレ合戦は続きますが、須藤の薄への信頼は厚くなっています
    事件を読み解くのもほぼ薄頼みとなりつつあります

    会話で進む部分が多く、スラスラあっという間に読めます
    動物に関する知識が差し込まれるところは、楽しいですね

  • ドラマの原作本。
    ドラマも、面白かったが、原作も 面白かった。
    薄&須藤コンビ、面白かった。ドラマの配役と合っていた。

  • いいコンビがパワーアップしてる。

    須藤警部補の頭の怪我や薄巡査への南極調査のスカウト、と事件以外の事件も。
    須藤警部補心配。薄巡査、よかった。

    ヨウムの話、じんわりしちゃった。

  • シリーズ第3段。

    今回も相変わらずの安定した面白さで
    楽しませてもらいました。

    前作「蜂に~」のような長編も読みごたえがあっていいけど、

    1作目や今回のような短編も
    サクサク読めて面白い♪

    須藤&薄コンビ。
    いつまでも二人の楽しい掛け合いを見ていたい。笑

  • 2017_08_14-75

  • シリーズ三作目のミステリ短編集。今回もいろいろな動物が登場してユーモアたっぷり、しっかりミステリ、な内容です。須藤と薄の仕事に対する姿勢がどんどん熱心になってきているのも読みどころ。
    お気に入りは「サルを愛した容疑者」。これは真相が読み解けた、と思ったのだけれど。うわわ、もろにフェイクに引っかかってしまったのか……!
    ミステリとしてはあっさりめだけれど「最も賢い鳥」も好きだなあ。ラストにほんわかします。こういうの読むと、動物っていいなあ、って思っちゃいました。

  • シリーズ3作目で、また短編集に戻る。ペンギンの話はついこの間ドラマでやってて、読んだばかりだったのでタイミングが良かった。第4作も出てるけど、そろそろしんどくなってきたかな? って感じではある。

  • 薄ちゃん(って言ったら須藤さんに怒られる?)のスカウト話に須藤さんがヤキモキ。コンビ愛が高まってるなあ。今回は須藤さんのやり過ぎ感溢れる捜査に本来の刑事魂が戻ってきたんじゃないかとニンマリ。この2人の味方も増えてきて、これからも大暴れの予感です。

全45件中 1 - 10件を表示

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係の作品紹介

「人間の視点では、この謎は解けません」
ペンギン屋敷の溺死体! 秘められた”殺意の証拠”をアニマル推理で解き明かせ! 警視庁「いきものがかり」の名(迷)コンビが大活躍!!
強面の窓際警部補・須藤友三(すどう・ともぞう)と動物オタクの女性巡査・薄圭子(うすき・けいこ)の名コンビが、動物にまつわるさまざまな難事件を解決する、大人気「コミカル・アニマル・ミステリー」シリーズです。
登場する動物はペンギン、ヤギ、サル、そして最も賢い鳥と言われるヨウム(オウムではないことに注目!)です。
警視庁の「いきものがかり」というべき、総務部動植物管理係のコンビの活躍を楽しめる4つの短編を収録した傑作集です。

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係はこんな本です

ツイートする