死体を買う男 (講談社文庫)

  • 1290人登録
  • 3.38評価
    • (69)
    • (169)
    • (262)
    • (56)
    • (16)
  • 186レビュー
著者 : 歌野晶午
  • 講談社 (2001年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062733151

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

死体を買う男 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『葉桜の季節に君を想うということ』以来の歌野晶午。
    小説の中の小説として、江戸川乱歩と萩原朔太郎が推理に乗り出す、これはいかにも乱歩の文章らしさを匂わせる。その小説を読んでいる今の時代の作家は、もう若くはなく、しかも若いうちに筆をおいていて、過去の作品が得た評価の高さで今の生活があるような作家、という設定。その二つの話が最後の謎解きで、なるほど、こう来たか!という感じで大団円。しかし、欲を言えば、最後の一行から更なる謎解きを期待してしまう。あとは勝手に読者が楽しめ、ということかしら。

  • 今まで読んだ本と全く違う趣向で、ほれぼれ。
    作中作には江戸川乱歩が出てくるから、古典ミステリィ好きにも楽しめると思う。

  • 江戸川乱歩の遺作として発表された「白骨記」を巡る、作中作形式のミステリー。
    月恋病、女装の美青年、詩になぞらえた自殺死体。不気味な始まりに反して、語られる真実は生々しく現実的。読者を騙すことに重きを置いた「葉桜の季節〜」よりも楽しく読めました。
    でもそれだけでなく、第四章からの急展開、タイトル「死体を買う男」へと繋がる一連の流れには感動しました。
    特筆すべき奇抜さはありませんが、全体的に綺麗にまとまっていてすらすらと読める作品です。萩原朔太郎、いいキャラしてる。

  • この人の作品は、しかけは面白いんだが、物語としてはあんまり面白くない(なんかスッキリしない)のが欠点。

    ちなみにタイトルもアナグラム。「遠い過去を慕う」

  • これはとても読み応えがあった。
    プロット、ディテール、キャラクター…、すべての要素がもう完璧に近いんじゃないかと思うぐらいに存立していて、紛れもない徹夜本の1つ。

    由緒正しく、どこか懐かしい古典ミステリーの文体を見事に踏襲した作中作も見事なら、それをパッキングしている外箱もまた見事。
    また、江戸川乱歩のみならず萩原朔太郎を登場させ、あまつさえ彼に名探偵の役どころを演じさせているとは、なんという奇想か。
    読了して初めて腑に落ちるタイトルも抜群にいい。

    それにしても、今文壇でミステリーと呼ばれる分野で活躍している作家の中には、乱歩の薫陶を受ける人たちのなんと多いことか、ということを改めて感じさせられる。
    著者の歌野晶午氏の書く世界は実に幅広く、この小説のようなテイストの作品はどちらかというと少ないと思うが、それにしても乱歩ワールドの王道を押さえた上で、さらに二重三重に捻りを加えて現代の目が肥えた読者をも唸らせるミステリーをここまでの完成度で書き切るとは、いやはや恐れ入る。

  • 作中作の形式を取った作品。乱歩の作風をまねた作品にサイドストーリーがあり、さらにその真相は…と仕掛けがいくつも用意されている。
    満足。

  • ある小説を展開していきつつ、本題の作品があります。混乱することもなく、読み進めていけます。トリックというか、話の展開は先がよめてしまいましたが。全体的に重めの作品です。

  • 作中作物

    結構面白かったなぁ歌野さん結構読んだけどこれまた雰囲気が違って良い。
    私の中で歌野作品では結構上位。

  • *乱歩の未発表作品が発見された!?「白骨記」というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶ――南紀・白浜で女装の学生が首吊り自殺を遂げる。男は、毎夜月を見て泣いていたという。乱歩と詩人萩原朔太郎が事件の謎に挑む本格推理。実は、この作品には二重三重のカラクリが隠されていた。奇想の歌野ワールド! *
    乱歩風の文体が独特で、シーンが交互に入れ替わるため、多少の読みにくさは否めない。が、さすがは歌野さん、このラストに持ってきましたか!と唸りました。読みにくさを我慢してでも読む価値あり。

  • 少年時代、江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを読んで育った私にとってはなんだか懐かしい文体であの頃のようなワクワクした気持ちで一騎に読みきることができました。
    ラストはそういうことだったのか。と全てが繋がった感じでスッキリと終わることができました。

全186件中 1 - 10件を表示

死体を買う男 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死体を買う男 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死体を買う男 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

死体を買う男 (講談社文庫)の作品紹介

乱歩の未発表作品が発見された!?『白骨記』というタイトルで雑誌に掲載されるや大反響を呼ぶ-南紀・白浜で女装の学生が首吊り自殺を遂げる。男は、毎夜月を見て泣いていたという。乱歩と詩人萩原朔太郎が事件の謎に挑む本格推理。実は、この作品には二重三重のカラクリが隠されていた。奇想の歌野ワールド。

死体を買う男 (講談社文庫)の新書

死体を買う男 (講談社文庫)のKindle版

死体を買う男 (講談社文庫)の文庫

ツイートする