名前探しの放課後(上) (講談社文庫)

  • 4686人登録
  • 3.99評価
    • (460)
    • (657)
    • (422)
    • (24)
    • (2)
  • 371レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2010年9月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062767446

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かった。
    ついつい勢いで下巻まで読んだ後の感想になっちゃうくらい。
    いい高校生ばっかりだな。

  • 土台は冷たい校舎〜と似ている気がする。でも、登場人物が個性的で面白かった。河野くんも、いじめられてると思えないほど、良い性格してる。誰が自殺するんだろう?さっそく下巻を読みたいと思います。

  • すごい面白い。
    各所に散らばる違和感を拾い集めて終わる上巻。
    青春って素晴らしい

  • 登場人物達が大人びているかと思うと、高校生らしい言動もある。どうしてこんなに会話の内容が飛んだりするんだ?

    タイムスリップをしたらしい主人公の人物像がイマイチ掴めない。

  • 上巻だけ読んだ段階では、まだ?でいっぱいです。
    相変わらず個性的なキャラクター達でたくさんですぐに登場人物が覚えられて、読みやすいです。
    他の作品に登場するこの人とか...?なんて思いながら読み進めています。
    下巻が楽しみです。

    「冷たい校舎の時は止まる」に少し設定が似ている気がしますが、そこは何か繋がりとかはあるのか気になります。

  • デビュー作と似た設定だけど、違った雰囲気で読ませる。本格的に動き出すのは下巻からかな。このまますんなりとはいかないだろうけど、果たしてどうなるか。

  • タイムスリップなんてそんなSF…。と思っていた私ですが、あっという間に読み終わりました。もう序盤から辻村深月さんの手のひらで転がされていました。あぁここはこういうことだったのね。下巻を読む際にはぜひ隣にこの上巻を置いておくことをおすすめします。

  • 友達のおすすめの
    辻村深月シリーズ✴︎

    初めて読んだけど夢中で読めます!
    本に引き込まれる感覚ってとっても
    楽しいなって改めて思いました。

    タイムスリップした依田いつかは
    同級生の自殺を止める事を決意。
    止められるのか、、?!!

    下巻に続くので、早く読みたいです♡

  • KY、お調子者、お嬢さま、生徒会長、引込み思案、、登場人物はラノベにでてきそうな高校生たち。でも、ミステリの設定はかなりの変化球。「自殺を止めるため過去に戻されたが、死んだのが誰なのかは覚えてない」は今まで聞いたことない。さすがオタッキーな辻村深月。密かに選ばれたリア充チームが名前探しをはじめるが、チーム内に関係者がいるのは確実か。タイムトラベラ本人が被害者の可能性まである。テーマはいじめ。イヤミス一歩手前の加減が、さすが頭脳明晰な辻村深月。僕はファンです。下巻へ続く。

  • 魅力的なキャラクターに張り巡らされたたくさんの伏線。
    下巻での回収がたのしみ!!!

  • 久々の辻村作品。

    今回は学園もの。
    3ヶ月前からタイムスリップしてきた『いつか』
    同級生にそれを打ち明け、3ヶ月後に自殺するであろう誰かを探し当て、阻止しようと計画する。

    あー、どれが伏線なんだろう。
    いつもの様に全くわからず。

    下巻で辻村マジックを味わってきます。

  • 高校生の頃『冷たい校舎の時は止まる』を読んだのだが、この作者の作品はそこでストップ。
    高校時代に本作読んでおきたかったなぁ。。。
    進学高校ではなかったけれど、もっと沢山の同級生たちと会話を楽しめばよかった。。


    同級生の自殺によるショック??が原因か過去にタイムスリップした主人公。
    だが肝心の同級生が思い出せなくて。。

    この人では、という同級生を見つけ、動き出すのだが
    『冷たい~』を読んだ感想で、ひょっとして違う人なのでは。。 このままいくとその人には干渉できず結局自殺してしまうのでは。。 という不安をぬぐいきれず読み進めてしまった。

    続きが気になる。

    ≪追記≫
    富士吉田 なのかな??
    だとしたら某アーティストの学生時代を思い描いたりできて嬉しい。

  • 辻村深月の中で1番好きなお話です 主人公がある事件が起こる前にタイムスリップしてしまう

  • 感想は下巻でまとめて。

    SFというより青春小説。

  • 今回これを読んだのは、辻村深月作品のおすすめの読み順にしたがって始めた再読の一環です。前回はほかの作品とのつながりなど全く知らず、?な部分が出てきても気にしないで読み進めてそれなりに面白かったのです。しかし登場人物のバックグラウンドが分かればわかるほど深く楽しむことができました。

  • メジャースプーンの小さかったぼくが秀人として、
    ふみちゃんが椿さんとして登場。
    ふみちゃんが普通に会話していることに感動です。

    ピアノの発表会のことが何気なく描かれていたり、微笑ましいふたりの姿を感じることができてこれこそ読書冥利につきます。

    今回はさらに魅力的な
    いつかくんとあすなちゃんも加わって
    本当面白い。下巻はどんなことが待ち受けているか非常に楽しみ!!!!!

  • めちゃくちゃ好きです。
    さてどうなるのか。。。

  • 主人公のいつかが「過去に戻された」ことから始まる物語。青春だな~と思ってしまう私はずいぶん年を重ねてきたんだなぁと思う。

    個人的にはあすなが気になる。
    ひとりでいることが平気でも好きでも、時に仲間がほしくなるんだよね。

    そして、あすなのおじいちゃんが作るオムライスがものすごく食べたい!

  • 2016.2.13読了

    上巻は長いなって何作かは思いながら読んでたけど今回は初めからずっとおもしろかった!

  • 毎回思うけれどこの方題名つけるのがとても上手いと思う。名前探しの放課後なんて、興味引く題名なかなか無いでしょう。
    明るい青春ものは捻くれた読み方をする、暗い青春を通過したおっさんですが、けっ!と思いながらやはりワクワクと上巻読み終わりました。評価は下巻次第だなあ。楽しみです。

  • 高校生のぼくとふみちゃんが登場すると知り、ぼくのメジャースプーン読了後に購入しました。重松清の流星ワゴンの後に読んだので、SFが好きではない私には2作連続でタイムスリップの話は初めこそ辟易していたのですが、読み進めるうちに段々引き込まれていきました。タイムスリップという現実的ではない話なのですが、高校生同士の会話は非常に現実的です。秀人(ぼく)とふみちゃんが付き合っていたのには納得です。ぼくのメジャースプーンを読んでいると面白いでしょうが、そうではないと少しわからないところがある点が難点だと思います。

全371件中 1 - 25件を表示

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)に関連するまとめ

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)のKindle版

名前探しの放課後(上) (講談社文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする