妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)

  • 21人登録
  • 4.17評価
    • (3)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 藤本 ひとみ 
  • 講談社 (2015年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062854917

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • アーヤの妹、奈子ちゃんが主人公のお話です。

    やっぱり、アーヤよりキビキビした印象を受けます。天然というよりは、クールでドライというか?私はウジウジした感じよりはこちらの性格の方が合うので、KZより読みやすい気がします。

    ちょこちょこ出てくるKZメンバーの言動が気になり、「な、なにがあったんだ?!」と、すごく気になりますが、そこも含め、読了感は藤本先生のコバルト時代の短編に似てさわやかです。

全1件中 1 - 1件を表示

住滝良の作品一覧

住滝良の作品ランキング・新刊情報

妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

小学5年生の奈子は超・天然。進学塾秀明の特別クラスで出会った3人の天才少年たちと最強の探偵チームG(ジェニ)を作った。そのメンバーの1人、美織が、ある日、Zビル内の盗難事件に巻き込まれる。一方、クラブZは、秀明をやめる塾生のお別れ会のため、星形クッキーを用意するようGに命じてきた。指導に当たるのは若武、上杉の両先輩。果たしてGチームは、仲間の疑いを晴らし、無事にクッキーを用意することができるのか!?

妖精チームG事件ノート 星形クッキーは知っている (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

ツイートする