〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)

  • 108人登録
  • 3.59評価
    • (3)
    • (8)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 池田純一
  • 講談社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883153

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
エリック・リース
ジャレド・ダイア...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 突っ込みどころは満載と思うが、網羅的で、一つの叩き台としては面白いまとめと思う。あとがきで「未来」について、future の語源がラテン語であり、to be (成ろうとするもの)であるのに対し、日本語は「未だ来らざるもの」で、まったく思想が異なるとの指摘は面白い。

  • 『ソーシャル以後、ウェブ上で様々なコミュニケーションが可能であることを、世界中の人々が経験した。そのため、それ以前に比べて人類のレベルで幸福を想像することが容易になったことは確かなのだろう。

    ウェブ企業における地球規模のユーザー数の多さが、そのような発想を自然なものにする。この段階になるとおそらくは、人類の幸福を扱う世界観(=宗教観)の下で世界を解釈してきた文明的記憶の有無や程度が、そもそもの発想に影響を与えることだろう。キリスト教を始めとする普遍宗教への関心が高まるのもそのためだ。

    なぜなら、極めて個別的な体験が、ウェブという地球規模のコミュニケーション回路を通じて瞬時に世界に行き渡ることで、いつの間にか、世界的なもの、見かけだけならば普遍的なものになってしまうような時代に人々が居合わせているからだ。

    個別の出来事が短期間のうちに世界化/普遍化するのであれば、確かに人々の意識とともに世界のイメージも書き換えられてしまうことだろう。』

    チャラい作品かと思ったら、途中から、パース、ジェイムズ、デューイとプラグマティズムの議論になり、「二周目の近代」論は濃厚だった。

    近代化の焼き増しというか、近代の再生産というか、素晴らしい近代論で、もう少し周辺の補習が必要だと感じた。

    特にプラグマティズムへの理解がもっと必要だと痛感した作品。

  • アメリカがなぜウェブ時代の強者となったのか。
    組織、制度に対する考え方が特異的である。
    例 企業と市は組織として並列、営利が一番でないけどNPOでもない新しい組織が最近できた
    各州で法律が違うので企業が登記したがる州、とかがある
    州ごとに制度が違うことで遺伝アルゴリズムみたいなことになって進化が進む

    科学と技術の関係が科学から技術、という第二次大戦でバネバーブッシュが提案した流れから技術から科学へに揺り戻されている
    例 グーグル、スペースx

    技術を制度化する流れ西から東へ
    write and build
    プラグマティズム 実験によって仮説を確かめる
    未来を語るのは投資家

  • 知り合いからの課題図書だったのだが、少々内容が薄いような印象。
    カーツワイル『シンギュラリティは近い』とピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン』の内容のいくつかをつまんで他のアメリカのベンチャーの状況を少し足して混ぜ合わせたような感じ。

    帯の「イノベーションの聖地からウェブ文明の根源を問う混信の論考!」というのはちょっとオーバー。

  • 前半は面白かったが、後半ダレた。

  • シリコンバレーを中心とした、アメリカについての本。未来のつくり方についてはよく分からなかった。
    アメリカという多民族国家だからこそ、ウェブ企業がたくさん生まれたのかもしれないと思った。日本も少子化で移民が増えていくと聞くけど、何か変わっていくのだろうか(アメリカの場合は、日本と違って歴史が浅いからできたことかもしれないけど)。
    Mosaicを開発したマーク・アンドリーセンは1980年代後半、日本の家電業界の攻勢を見て、キャリアのために日本語を学ばなければならないと考えていらしい。そういう時代もあったんだなぁ。今、アメリカ人で日本語を学ぼうと思う人ってオタクぐらいなイメージ。
    ところで、アメリカの企業の登記先のほとんどはデラウェア州という州らしい。どこにある州なんだ?

全9件中 1 - 9件を表示

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)の作品紹介

シリコンバレーで今、何が起きているか?
Google、Amazon、Facebookが目指すものとは?

そもそも、なぜアメリカは〈未来〉を語り続けるのか?
なぜ、ウェブ文明はアメリカで生まれたのか?

知っているようで知らないアメリカの不思議を解き明かす。
イノベーションの聖地からウェブ文明の根源を問う渾身の論考!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【プロローグより】

未来とは、待てば自ずからやって来るものなのか。
それとも、未来は、自らの手で引き寄せ、築くものなのか。

……イノベーションの聖地であるシリコンバレーでは、圧倒的に後者の態度が取られる……彼らは、未来は自分たちで築くものだと信じている。では、なぜ彼らはそう信じきることができるのか。本書で扱うことは、突き詰めればこのことである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【目 次】

第1章  ムーアの予言
第2章  月を穿つ
第3章  投資するビジョナリ
第4章  大望を語る
第5章  交歓するコマース
第6章  鏡としての東海岸
幕 間  ―西から東へ―
第7章  ソーシャルの磁場
第8章  反射するバーチャル
第9章  分散社会への郷愁
第10章 探究する思考習慣
第11章 アメリカというOS
第12章 二周目の近代

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)はこんな本です

〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする