ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)

  • 161人登録
  • 3.82評価
    • (8)
    • (17)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 小林雅一
  • 講談社 (2016年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883849

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごい技術であることは伝わったが。「何か」の部分は記述が冗長なだけで著者も理解が浅いことを露呈しているように思う。CRISPER/CAS9の入門としては可。

  • 純粋な科学技術は日進月歩で進んでるんだろうが、遺伝子治療の倫理問題とかGMO規制とか、結局は技術の外側の問題が厄介で難航するのが現実世界。
    原子力開発の二の舞は避けたいよなあ。

  • ★科学道100 / まるで魔法
    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=11600705

  • ゲノム編集技術が如何に画期的で、かつ使い方によっては恐ろしい神の技術であるかがよく分かった。また、日本が出遅れており、米国等に特許を押されられつつあることも。
    非常に読みやすかったが、ゲノム編集技術そのものについての解説は少なく、また、同じ内容が繰り返し記載されている点も気になった。

  • 話題のゲノム編集技術がもたらしうる未来について。一般読者にはわかりやすいはず。専門家にとっても社会と新技術との向き合い方を考察するのにとても参考になる。

  • 従来の遺伝子組み換えと違い、目的のDNAを的確に切り貼りできる技術が開発されました。
    これを用いれば、怪我・病気に強く、知能や体力や容姿が優れている強化された人間を作り出すことも理論上可能です。
    簡単で確実な技術であるため、自分を改良、自分の子孫を改良、人造遺伝子によって生まれる完全に近い人間の誕生、などは遠くない未来の話となるかもしれません。
    SFの世界が現実となりつつある今、参考となる一冊。

  • 人類はクリスパーという名の優れたメスを手に入れた。しかし、どこを切ればいいのかを示す地図は未だなく、その公算も立ってはいない。

  • クリスパー!
    可愛らしい名前だけど、スゴイ技術だ。
    AI、ロボット、遺伝子工学と言っていた人がいるが、これから数十年は食いっぱぐれはなさそうだな。
    ただし、一流であれば・・・

    ひとつ、科学者に聞いてみたい。
    『金持ちになること、多くの人を救った名誉のどちらを選ぶ?』
    答えが前者でないことを期待しての質問。
    なんて答えるかな?

  • 遺伝子編集技術として革命的な「クリスパー・キャス9技術」を紹介した本。遺伝病の克服など多くの分野での利用が期待されている。クリスパー・キャス9の特長は、「DNA上の狙った箇所をピンポイントで切断、あるいは改変する脅威的な精度とスピード」にあるという。これまでの遺伝子組み換え技術とは格段の差が生まれる。また、これまでの技術がマウスに対してのみ適用可能な技術であったりしたところが、汎用的にすべての生物で使えるようになったことも大きい。

    クリスパー・キャス9の説明だけでなく、エクソンやイントロン、選択的スプライシングの話など最新の遺伝子工学の知見を解説した記述も多く楽しめる。チンパンジーとヒトでは98%の遺伝子を共有しているとか、ヒト同士であれば、個人間のゲノムの違いは0.1%でしかない(0.1%でも320万箇所だが)とか、ヒトよりもネズミや稲の方が遺伝子が多いとか、いった雑学的な情報も入っている。SNPやSNVの定義も初めて知ったかもしれない。また、自然界での突然変異は比較的ありふれたものである。いずれにせよ、NHK編の『ゲノム編集の衝撃』よりも細かいことが書かれている。

    ダウドナ、シャルパンティエというUSCの女性科学者たちとブロード研究所のフェン・チャンの間での特許権の争いにも触れられている。膨大な金額が動いてもおかしくない技術でもあるので、なかなか泥沼的なにおいがしている。

    「「全能の技術」を手に入れてしまった私たち人類は、これから、どう進むべき道を決めていけばいいのか? 今の筆者に、その答えは思い浮かばない。あなたはわかるだろうか? 少なくとも、それを考える手がかりに本書がなり得たと願って、その筆をおきたい」と最後に書く。今後ともにその応用事例含めて追いかけらるべき技術でもある。

    2016年9月、遺伝子組み換え種子で有名なモンサント社を独バイエル社が買収。彼らが使ってきた遺伝子組み換え技術とクリスパー・キャス9の遺伝子編集技術とは異なるものであることは本書でも解説されているが、こういった合併による巨大化よって、ますますDNAの研究と商用開発も加速していくのかもしれない。

  • 今度のトレンドはこれかな。生きている人のも適用されるのかな?IQを高める注射とか出てくるのかな?

全21件中 1 - 10件を表示

小林雅一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
スティーヴン ワ...
遠藤 周作
ベン・ホロウィッ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)の作品紹介

いま、グーグルやアマゾンといった世界的なハイテクIT企業が、
その巨大なビジネス・ポテンシャルに魅かれ、
巨額の投資をしている超先端技術をご存じだろうか。

「ゲノム編集」である。

この史上空前の技術、そしてそれが私たちの人生や暮らし、
さらには社会に与えるインパクトなどをわかりやすく解説するとともに、
熾烈な特許争いの舞台裏や
科学者に群がる巨大企業の実態にも迫った、必読書!

----------

みなさんは、これまでに「自分を変えたい」と思ったことがあるだろうか?

たとえば自分の顔、身長、体型、性格、知能、
運動能力、さらにはアレルギーなどの各種体質……
これらすべてに満足している人など、ほとんどいないのではないだろうか?

にわかには信じられないかもしれないが、
(少なくとも技術的には)それが可能になる時代が迫っている。

なぜなら、先に列挙した特質のすべてに遺伝子が強く関与しており、
これを操作する遺伝子工学や生命科学の分野でいま、過去に例を見ない
驚異的な技術革新が起こっていて、それこそがこの「ゲノム編集」だからだ。

世界中の科学者たちは、この技術によって、
すでに「肉量を大幅に増やした家畜や魚」「腐りづらい野菜」などの
開発に成功している。

今後、この「ゲノム編集」は「iPS細胞」などの異なる技術を
組み合わせることで、がんや糖尿病、あるいはアルツハイマー病など、
現代社会に多く見られる病気の治療にも応用されると見られている。

グーグルやアマゾンなどはすでに
「生命科学とITの融合」に取り組み始めている。
さまざまな病院や研究機関などと連携して、ゲノム(DNA)データを
クラウド上に集積、AI(人工知能)でパターン解析することにより、
やがて複雑な病気の原因遺伝子や発症メカニズムを解明していくというのだ。

高い知力と強靭な肉体、そして端麗な容姿を兼ね備えた
「デザイナー・ベビー」の誕生を可能とする「ゲノム編集」について、
倫理的な問題をもまじえながら、わかりやすく説いた入門書。

ゲノム編集とは何か 「DNAのメス」クリスパーの衝撃 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする