蟲師 (3) (アフタヌーンKC)

  • 2584人登録
  • 3.67評価
    • (349)
    • (173)
    • (770)
    • (4)
    • (0)
  • 67レビュー
著者 : 漆原友紀
  • 講談社 (2002年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063143126

蟲師 (3) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ギンコの生い立ちが分かる3巻。

    蟲が存在している事がおおっぴらになっているのか、半ば信じられていないのか、よく分からない。。
    蟲師の存在自体も初めて会ったという大人がよく出てくるし。

    蟲の仕業、蟲の性質と物語がうまく噛み合っていて不思議な雰囲気の世界観は好きです。

    こんな設定よく思いつくなぁ、と蟲の生態?が分かる度に思います。
    どんな蟲が出てくるのか、続きが楽しみです。

  • 錆の鳴く聲
    海境より
    重い実
    硯に棲む白
    眇の魚

  • ギンコ誕生譚を含む。

  • ぬいとギンコの話がよかった。残った眼が失われていく描写が怖い。どの話も読んだ後ぼーっと心の中に残る感じ。

  • 蟲は厄介者以外の何者でもないが、蟲らに特に悪気はない。ギンコの過去が初めて出てきた、これからちょっとずついろいろわかってくるんだろうか。蟲の見える人と見えない人のいる理由とか。

  • 20150103読了。

  • ギンコがギンコになった所以。蟲と人間は敵じゃない。共存して生きてるんだ。
    誰かを、自分を犠牲にしてその上にある幸せ。それは正しいのか…

  • この世界観、たまらないですね。
    独特で不思議で不気味で神秘的でありそうでない世界。
    ギンコの本名はヨキなんですね。
    ギンコの過去のお話、トコヤミが怖くていい感じでした。

  • 切ない話が多いです。ただ、その中で異彩を放っていたのは「重い実」でした。1人の犠牲でみんなを救えるとしたら・・・描き方によっては陳腐になりがちなテーマだけど、すごくいい話だった。”絶対に”豊かな実りを約束する実を使う代償は自分の命であり、それを使うのを最後とする代償もまた、永遠の命でもって、新しい農法を探しもって帰る事・・・考えさせられました。

  • 収録
    ・錆の鳴く声
    ・海境(うみさか)より
    ・重い実
    ・硯に棲む白
    ・眇(すがめ)の魚

全67件中 1 - 10件を表示

漆原友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蟲師 (3) (アフタヌーンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蟲師 (3) (アフタヌーンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

蟲師 (3) (アフタヌーンKC)のKindle版

ツイートする