よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)

  • 386人登録
  • 3.69評価
    • (17)
    • (33)
    • (36)
    • (0)
    • (3)
  • 26レビュー
著者 : 久保保久
  • 講談社 (2013年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524710

よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

  • いい話かと思ったら安定のクズで安心

  • ナニシコリは笑った。素晴らしくゲスいネームセンスだと思う。

  • 2014/08/27
    【好き】前巻からの続き、魔界3大性病のデス・クラミジア:クラさんのパンデミック起こす野望はババァによって絶たれるとかサクマさん役立たず(笑)と思いきやあのキスは次への振りだったのか。 クラさんてなんか憎めないヤツなんだけど…でもやっぱり見た目が気持ち悪いからモザイクだから( ̄∇ ̄) そしてサクマさんがついにアザゼルさんのセクハラに耐えかねてバイトを辞めることを決意するが謎の呪いが発動して普通の女子大生になれず結局アクタベさんの所へ戻ることに。 アクタベさんは何を知っているんだろう?つーか正体も気になる。 いやぁ今回はサクちゃん可哀相…とはいえこのマンガまともな人が誰もいないんだけど(笑)

  • “「あなたにかけられたその呪い 昨日今日かけられたものではないようです
    我々と出会うよりもずっと前
    悪魔使いになるそれよりも前
    この事務所にくる以前から
    あなたは呪われていたのですよさくまさん」
    え?”

    ちょくちょくさくまさんの表情が可愛い。
    ベーやんは鋭いなぁ。アクタベさんの謎に迫ったりするのかな。
    事務所潰れちゃったけど……。

    “「ならばどうする また辞めるか
    幸いここは探偵事務所 人を捜すならうってつけの環境だ
    いわんやそれが悪魔使いならば事件は向こうからとびこんでくるだろう
    どうする かわいい助手が困っているんだ オレも手を貸してやらんでもないぞ」”[P.182]

  • さくちゃんどうなるのー

  • 安定の酷さ(褒め言葉)。

    フナコシとナギサ、ゴリリキ、ナニシコリ…ほんと怖いもの無しだなぁ。
    さり気なくドクターKもいるし(笑)

    本編はまさかの展開。
    ここからアクタベさんの正体の話にも繋がっていくのかしら。

  • 終わるのかと思った…。

  • アクタベさんがサクマさんにこだわる理由、かなり気になる。
    表紙が女子受け爆発してるのに反比例して、女ゴコロ的には一番最低な巻だったかもしれない(´-ω-`)

  • 最近ずっと低迷してたけど久しぶりに面白かった。

  • さくまにかけられた呪いとは!?

  • 削られた4話はいつ頃のなんだろ…連載初期っぽいけど

  • 完全なる息切れ。カラ元気が伝わってきた。こりゃ次巻以降の復活もキツイんじゃないか。

  • さくちゃんがさくちゃんで大変満足しました。
    話も進んできましたね。

  • 一見可愛いキャラクターの悪魔(とくにペンギン風のベルセブブ(笑))につられ、アニメから入ったにわかファンです(笑)
    アニメがあまりにも期待を裏切ってお下劣ギャグが炸裂していて腹筋崩壊したので気を良くしてコミックスも既刊ここまで読了。

    いろいろとひどいです(褒め言葉)(笑)

    毎回スゴイ強烈なキャラクターてんこ盛りでギャグも炸裂なのですが、この巻ではちょっとストーリーが急展開。
    芥辺さんの正体って何なんでしょうね~、おそらく人外だとは思うのですが、彼がなぜさくまさんにものすごく執着しているのかも謎で気になります。

    素直に考えると何らかの恋愛感情? とか予想してしまうんですが、たぶんこの作者さんだから、きっとまた手ひどいギャグ落ちなのでは、という予想も否めません(笑)

  • 自主退学がいちばん痛々しいぜ!!!

  • いろんな意味で、今回はひどかったww
    青年漫画でないとこういうのって書けないだろうなぁ。

  • [2013年10月26日購入]

  •  色気ねぇなこのヒロイン。

     さくちゃんもう少しはさ。記念すべき二桁台の10巻ですが、今回はヒロインであるさくちゃんメインの回でした。ネタから先に言えばまんまといつもどおりにハメられたさくちゃん。ヒロインらしい顔をチラッと見せた瞬間、こんな顔しちゃうのと簡単にヒロインっぽくならないところが残念なところ。鼻毛生えたり、芥辺さんにマジギレしたりと忙しなかったですが、この先色気がでるかと言われれば多分でないんだろうという結論にいたるところが彼女らしくてまたいいのか。だけど、たまには読者サービスみたいなところを見せてくれてもいいのではないか。

     そういえば友達のユミちゃんってさ、なんか彼氏いたよね?まぁービッチよーみたいな話も入れて欲しかったかもしれない。あとなんか表紙が女子ウケ狙ってるみたいですごいあざとい!女性読者増えたからべーやんあたり退場させとこう。

  • さくまさんにかけられた呪いとは一体…。
    というわけでなんとなく話が進んだような気がする10巻でした。
    しかし大学辞めちゃって大丈夫なのかさくまさん。

  • クラさん編完結からさくまさんが事務所をやめちゃう話しまで。
    どちらも相変わらずアザゼルさんらしい酷いオチで楽しめました。(笑)

全26件中 1 - 25件を表示

久保保久の作品一覧

久保保久の作品ランキング・新刊情報

よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)の作品紹介

魔界三大性病の一角、デス・クラミジアはアザゼルとともに、人間界でパンデミックを引き起こそうと企らむ。イケメンの体を手に入れようとするが、誤ってブサメンの泉健一に感染してしまう!最初は反発しあう仲だったが、次第に打ち解け絆が生まれて…。「クラさん」編完結!!さらに、多種多様な精神的苦痛を受け続けた佐隈がついに決断!「さくま事務所やめるってよ」編収録!笑いと涙のフルコースをアナタに!

よんでますよ、アザゼルさん。(10) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする