アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)

  • 389人登録
  • 4.02評価
    • (16)
    • (26)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 荒川弘
制作 : 田中 芳樹 
  • 講談社 (2017年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063959376

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 王太子が自己の王位の正統性に思い悩む中、「殿下のご正体はこのグリューンが存じております。殿下はこのダリューンにとって大事なご主君でいらっしゃいます」との最後の台詞にはホロッとくる。

  • シンドゥラ界隈の物語も懐かしいけど、同王子は前巻で既出だし、思い出がビシビシ刺激される体験は、今回はあまり感じられず。ただ、このあたりは原作を殆ど忘れてしまっていることもあり、物語展開としては普通に楽しめました。老バフマンがどんな最期を遂げたのか、いまひとつ思い出せなくて、そのあたりも気になるところです。

  • Jaswantに餌の鼠を与えるAzraelが、彼に懐く仕草が可愛いです。
    またRajendra王子には原作同様に好感が持てます。

    そして原作当初からArslanに好感を持てないのですが、
    絵で表現してくれたお陰でその原因が分かりました。
    軍師の策に頷いて実行命令を出すだけで自ら考えもしない。
    自分で考え指示を部下与えずに、臣下の意見を熟考せず実行するその姿勢に嫌気がするからです。

    それからSindulaの王太子妃Salima…。
    美人なのに頭の回転が悪そうな感じがしました。…原作はもう少し毅然としているのですが。

  • 珍しくコンビニで購入。

    ヤッバイ!ラスト泣ける!!
    そして流石、荒川版アルスラーン戦記。笑いどころもちゃんとある(笑)
    安定したクオリティ。今後も期待してます。

  • アルスラーン:王たる者は兵士たちを飢えさせてはいけない・・・餓えさせるくらいならそもそも戦ってはいけないのだな

  • 今巻にはアル戦屈指の名場面が収録されているのですが、さすが荒川さん、見事な演出に台詞も覚えているほどなのに泣けた…
    あとジャスワントがらみのシーンがとても印象的だった。
    原作知っているからこその楽しみが毎回あります。

  • 今巻の見所はやはり、終盤でのアルスラーンとダリューンのやり取り。いつもながらダリューンの忠義の厚さにぐっとくるし、二人が手を取るシーンはもはや萌える。

  • アルスラーン戦記は王都を奪還するまでが最高に面白い。シンドゥラ編などは特に。

  • 読み応えありましたー。ギーヴがいろんな意味で活躍していて、嬉しかったです。登場人物のなまえが難しくって、何度も読み返しました。ラストは心に染み渡る実に良いシーンです、、。

全10件中 1 - 10件を表示

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)の作品紹介

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く、世界最高の歴史ファンタジー、最新作!

東の国境防衛の要、ペシャワール城で王太子・アルスラーンのもと再び結集した英雄たち。パルス奪還を目指し、王の道を歩むアルスラーンだが、銀仮面との邂逅がその信念を揺るがす…。苦悩する幼き王太子に新たな敵の報せが届く! 隣国シンドゥラの王子・ラジェンドラが5万の大軍を率いてパルスに侵攻。これを500の兵で打ち破ろうとする天才軍師・ナルサスの智略! 反撃の進軍! 異国の地でアルスラーンを待ち受ける運命は!

アルスラーン戦記(7) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする