10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 145人登録
  • 4.45評価
    • (19)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 井上佐藤
  • 講談社 (2017年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065101315

10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新装版で買い直し

  • 新装版も買っちゃった。よい。

  • 新装版旧版既読。久しぶりに読むとやっぱり面白い♪ 天才ラテンダンサー・鈴木とスタンダードの帝王・杉木の10ダンス競技への挑戦。うふふ、なんど見ても鈴木の魅惑の腰つきは良い♡ お姫様気分になっちゃうあのシーンも好きです。カバー下のマツコに吹いた(笑)

  • 競技ダンスの世界を舞台にした物語。
    主人公はスタンダードダンス(ワルツなど)の帝王とラテンダンス(チャチャチャなど)の天才、二人の男性ダンサー。
    スタンダードとラテン、全10種類のダンスをすべてこなして競う「10ダンス」のチャンピオンを目指す。

    競技ダンスなので、もちろんそれぞれに女性パートナーはいて、話にも出てくる。
    が、もともとBLレーベル作品なので、そこんとこは、そういうかんじで・・・。

    とは言いつつ、あまりガチのBLでもない(そういう雰囲気はありつつも、1巻の時点では直接的な表現はなし)。
    BLを読まないひとでも読める。結構ストイックなスポーツマンガでもある。

  • 表紙買いしたんだけどコレめっちゃ面白いわ…!

    スタンダードの帝王とラテンの天才が両方のダンスで競い合う10ダンスに挑戦するためにお互いの専門を教え合うのだけど、女子放置でリーダー2人の相性抜群ってナニソレ萌えると思ったら元はBLレーベルだったらしい。知らなかった。

    読みながら何となくどっちが右っぽいとか考えちゃってた腐女子の性、でも元々BLだったなら(今はヤンマガサードに完全移籍)作者の意図する左右があるだろうし、もしソレが私と逆だとツラいから考えないようにしようと思うんだけど、どうにもラテンの子がエロ可愛い…帝王格好いい…ダメ…

  • コミコミ特典イラストカード付

  • もちろん面白い隅々まで見ても飽きない。再開してくれてよかった。

  • 改めて面白かったです。井上佐藤さんの話の中では一番好きかも。
    割とスポ根的な部分とか、その絡みでのライバル心とか、そういうところに少年漫画っぽさを感じて、そこがいいのかな。
    特別編や短いおまけ的なお話も良かったですねー。
    あと鈴木の方の信也がとても可愛いのであった。素直で単純。

全10件中 1 - 10件を表示

井上佐藤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)の作品紹介

杉木信也と鈴木信也は、それぞれスタンダードとラテンダンスの日本チャンピオン。杉木からの提案で二人は互いの専門分野を教え合い、10種のダンスで競う「10ダンス」に挑むことになった。深夜の教室で行われる二人だけのレッスン。時にぶつかり、時に認め合う。鈴木と杉木、二人の行く道は果たして――。

10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)のKindle版

ツイートする