僕と君の大切な話(3) (KC デザート)

  • 188人登録
  • 4.28評価
    • (15)
    • (11)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : ろびこ
  • 講談社 (2017年11月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065104200

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正に唯一無二の作品。1ページ、1コマごとに、攻守がころころと変わって行く。感情が揺れ動いて、ちょっと落ち着いて、と思ったら大爆発して、また次のコマが始まっていく。作品のコンセプトがずーっとブレていないのもすごい。この辺くらいまで進展させて、まだ会話劇が続く! ちょっと圧倒的すぎて悔しくなるような最新巻です。
    高校の文芸部室の隅っこ、ストーブのそばで、他の学生がワイワイしてる中お話してるって、もう、これ最高のシチュエーションだな……。

  • 安定感があって安心して読めます。わりと進展してきてますます可愛さが増すふたり。

  • 告白忘れた問題に絶妙なタイミングで触れている。このタイミングが4巻だと、3巻ですごくモヤモヤとしてしまっただろう。
    あと相沢さん家没落設定を、大きくネタにしてないのが、ストーリーの邪魔をしてなくて良い。

  • 読了:2018/1/8

    相沢さん今回もかわいいなぁ…。
    1巻の「どうして男は戦いが好きなの」に至った経緯が読めて面白かった。
    「仕方がないのでそのまま突っ走りました」

    「仮にもし好きな相手だとしてこんなことが言えるだろか…」で大いに笑った。

  • みんなの心の声と二人のすれ違いがおかしい。
    ギャグ漫画として読んでる。
    読み切りのクリスマスの話も面白かった。

  • はまりん!わかるよわかるよ。
    後日相沢さんに相談するところコマは小さいけどはまりんの可愛さ出てる。
    なんでカフェインか忘れて一巻から読み直した。

  • 面白かった。

  • "「…だって東くん すっかり私の告白忘れてるみたいなんだもの
    東くんにとっては取るに足らないことだったのかなって思ったら
    なんだか落ち込んじゃって…」
    「…ちょっと待って今 告白って言った?」
    「?ええ すぐ振られたけど」
    「まじか」"[p.92]

    東くんと接してる時と、弟と接してる時の表情の差……良きですね。

全8件中 1 - 8件を表示

ろびこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)はこんなマンガです

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)の作品紹介

同じ学年の東くんに片想いしてきた相沢のぞみ。ある日、勇気を出して帰りの駅で告白したものの…。超予想外の返事を皮切りにへんてこな理屈を繰り出し続ける東くん。それにもめげず、会話を続けるうちに少しずつ仲良くなれて、学校の東くんお気に入りの場所でも話すようになったけど? 「となりの怪物くん」ろびこ最新作!笑いもニヤニヤも止まらない!すれ違う男女の新感覚“トーキング”ラブコメディー第3巻!

僕と君の大切な話(3) (KC デザート)のKindle版

ツイートする