センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)

  • 87人登録
  • 3.35評価
    • (7)
    • (4)
    • (34)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 榎本ナリコ
  • 小学館 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091838971

センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)の感想・レビュー・書評

  • 青春をやり直すということ

  • さらに、悪意の度合いが増えている気がします。

    まぁ、もともと、センチメントっていうのは、少年少女が感じるものではなくて、少年少女を見た大人が感じるものであるという、当然のことに、ちょっと気づかされたりします。

    いつかは、どんな人間でも、生きていれば醜悪な大人になっていく。それはそれで、悪いものでもないのだけれど。

  •  人のあさましさ。傲慢、見下し、嫉妬、軽蔑。共依存、愛の醜さ、がテーマ…なのかなあ。
     連載ものの中では、いちばんしっくり来る内容だと思います。だれもが体験している、こどもからおとなへの移動。そのときの寂しさが、前面にあらわされている内容だと思います。最後が微妙だったんですけどね。

  • 7巻までで止まっています。あと1冊!!どの方も言いますが、4巻までがおすすめです。

  • 榎本ナリコさんの話はみんな切ないです。2度目の夏の章が私は1番スキです

全6件中 1 - 6件を表示

センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)を本棚に登録しているひと

センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)を本棚に「積読」で登録しているひと

センチメントの季節 (7) (Big spirits comics special)のKindle版

ツイートする