波のむこうに (小学館文庫 にA 10)

  • 53人登録
  • 2.90評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 西炯子
  • 小学館 (2014年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091917294

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

波のむこうに (小学館文庫 にA 10)の感想・レビュー・書評

  •  最初の三編は既読作品だった。四編目からは初読だったのだけど、初期は今と絵のタッチが違う。でも面白さは変わらず。飄々としたギャグがシュールで面白い「swimmer」が印象的だった。

  • 「海の満ちる音」と「姉の結婚」の人物設定がとても似ている。

  • ほほ~

    小学館のPR
    「傑作短編・「西ワールド」魅力満開!!

    自動車工場をクビになり、放浪先のラーメン店で働き出した秀(ひで)。容姿のことと、母へのコンプレックスに悩みながら、中学に赴任した山下先生。海辺の町に流れてきた2人は店員と客として出会い、どこかかみ合わない会話をする仲。ところがある日、彼女に劇的な変化が・・・。表題作ほか、アマチュア無線を巡るロマンス「電波の男(ひと)よ」、初期の傑作「欲望という名の自転車」など6編を収録した傑作集。」

  • (メモ)愛蔵版?確認してから購入すること。

全4件中 1 - 4件を表示

波のむこうに (小学館文庫 にA 10)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

波のむこうに (小学館文庫 にA 10)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

波のむこうに (小学館文庫 にA 10)の作品紹介

傑作短編・「西ワールド」魅力満開!!

自動車工場をクビになり、放浪先のラーメン店で働き出した秀(ひで)。容姿のことと、母へのコンプレックスに悩みながら、中学に赴任した山下先生。海辺の町に流れてきた2人は店員と客として出会い、どこかかみ合わない会話をする仲。ところがある日、彼女に劇的な変化が・・・。表題作ほか、アマチュア無線を巡るロマンス「電波の男(ひと)よ」、初期の傑作「欲望という名の自転車」など6編を収録した傑作集。

波のむこうに (小学館文庫 にA 10)はこんな本です

ツイートする