ダレン・シャン 11 闇の帝王

  • 1349人登録
  • 3.61評価
    • (142)
    • (124)
    • (370)
    • (10)
    • (2)
  • 64レビュー
制作 : 田口 智子  橋本 恵 
  • 小学館 (2004年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784092903111

ダレン・シャン 11 闇の帝王の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは…。
    児童書でこれは…。ダークすぎる^_^; 
    もしかしたら(しなくても^_^;)スティーヴン・キングよりダーク…。
    子どもによってはトラウマになるレベルなのでは^_^; 
    世の中うまくいかないのが常だけれどこれはないでしょ。
    ダーク過ぎるけどどういう結末が待っているのかが気になって眠れない(笑)

  • かなり残酷だ。
    なんの意味があって、こんなに残酷にするのだろうか。

    もはや、この話の続きに興味を失うほどに残酷だ。

  • かなり久々のダレンシャン。
    内容忘れているかなぁーと思ったけれど意外と覚えていた。

    いやぁ、えげつないなぁ。
    バンバン人が死んでいく様が容赦ない。
    この次でラストですが、是非ともハッピーエンドで締め括って欲しい。

  • 「えーーー!!!」
    ってことが続くわー(;´д`)

    これどうやって幕を閉じるんだろう。
    次が最終巻!

  • …なんか、疲れてきた。

    ここまできたら、12巻、綺麗に着地してくれよぉ!と祈るしかない。

  • 重いなぁ。救われるのかな。どうも次で完結の模様。

  • サーカスと共にダレンは故郷に帰ってきた
    家族の様子を知り、妹に息子がいることを知る
    そしてバンパニーズ大王(スティーブ)との戦いにダリウスという少年が深くかかわる

  • 12巻中の11巻ということで、物語もいよいよ佳境。
    好きな人物がまた一人…あぁ…
    バンパニーズ大王への嫌悪感が募る一方です。

    ラストの爆弾発言は、「あぁ、やっぱり…」って感じでした。

  • バンチャがとってもすきです。
    かっこいい。

    あと一巻かぁ
    一気に読みます。

  • 「わたしはすでに、悲しみを味わったのだ」

全64件中 1 - 10件を表示

ダレン・シャンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

ダレン・シャン 11 闇の帝王を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダレン・シャン 11 闇の帝王を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダレン・シャン 11 闇の帝王の作品紹介

なつかしの生まれ故郷へ帰ることになったダレン。ハーキャットやシルク・ド・フリークとともに、故郷をめざす旅に出るが…。ダレンの原点ともいえるこの場所でどんな運命が待ちうけているのか。

ダレン・シャン 11 闇の帝王のKindle版

ダレン・シャン 11 闇の帝王の新書

ツイートする