残される者たちへ

  • 365人登録
  • 3.01評価
    • (11)
    • (31)
    • (112)
    • (37)
    • (7)
  • 101レビュー
著者 : 小路幸也
  • 小学館 (2008年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093862363

残される者たちへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 以前に読んで、ちょっと後味が悪かった記憶があったのだが、娘の勧めで再読。勧められた理由の一つは団地が舞台だということ。親しみがわく部分もあるし、それ故に不気味なところもある。記憶していたほど悪い結末じゃなかったし、面白いとは思うのだけれど、消化不良な気分がのこっていて、それが後味の悪さになっていたのかもしれない。

  • 「言葉ではいい表せない」「それ」とは。表現してもらえないので、少々あいまいもことしてしまう。
    いいヤツなんだか、悪いヤツなんだか…。

  • デザイン事務所を経営する川方準一のもとに、同窓会の通知が届く。準一の通った小学校の子供たちは、
    ほぼ全員が〈方葉野団地〉の子供だった。準一は、親友だったという押田明人に会場で声をかけられるが、
    彼のことを何も思い出せない。他の人間はすべて覚えているのに。悩む準一は、団地の幼なじみで
    精神科医の藤間美香に相談する。美香は、〈方葉野団地〉に住む中学生、芳野みつきの診療も行っていた。
    みつきは、自分を庇って死んだ母親の記憶を見るようになったという。記憶のずれと
    団地の存在に関係があると見た準一と美香は、団地の探索に乗り出した。
    二人は〈方葉野団地〉で、想像もしなかった“のこされるもの”に遭遇する…

  • 再読だった。 2017.7.19

  • 泣きました。設定がすごいけどね(^-^;
    ジュンチが押田を思い出すところ…うゎーんです。

  • ★1.5
    読めなくはないけど、面白くない。

  • 本棚整理中。
    確か読んだはず

  • 978-4-09-386236-3 316p 2008・12・22 初版1刷

  • 頭の中の真っ白な空間にぽつりぽつりと登場人物があらわれて、その人たちがみんなゆっくりとべつべつの場所からひとつの場所を目指していくイメージ。
    急がずあわてず、それぞれが自分の内面を見つめて進んでいく感じ。

  • 同窓会に参加した主人公は、兄弟のように育ったという親友の記憶を一切失っていた。
    辿っていくうちに、子ども時代に過ごした団地へと集約されていき、そこで大きな変化に遭遇する。

    ミステリーの思わせぶりな書き方に吸い込まれて最後まで読む。
    最後はわかったようなわからないような。SFだった。

全101件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

残される者たちへを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

残される者たちへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

残される者たちへの文庫

ツイートする