ゴーマニズム宣言NEO1

  • 96人登録
  • 3.71評価
    • (9)
    • (6)
    • (10)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
  • 小学館 (2008年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093890311

ゴーマニズム宣言NEO1の感想・レビュー・書評

  • ウイグルの話は勉強になった。
    沖縄問題を含め、こういう見方を知ってニュースを見ることが大事だと思う。

  • 上司オススメの本。様々な社会問題を筆者の視点で斬り込んでいく。社会問題の情報とそれに対する筆者の熱い想い、意見がふんだんに書かれている。世界一、情報量が多い漫画らしい。正直、私には難しかった…

  • 初めて小林よしのりを読んだ。

  • 小林よしのりは見てくれがキモヲタっぽくて興味が持てなかった
    でもここ最近ネットで見て興味を持った
    昔ワシズムって本を買ったけど読まずに放置してたのを
    読んでみたらおもすれーwwwだった。。
    でもって本屋にいって買ってみた。。。
    買って正解だった。。。私が間違ってた。。。
    人を見た目で判断してはいけませんね。。。
    つーかこの人って実はすごいんじゃないの?????
    そこら辺の学者とかよりすごいんじゃないの?????
    すんごい衝撃的な感じはないけどじわじわきている。。。
    もう漫画なんて買わないって思ってたんだけど
    買い揃えようかと思っている。。。お金が追いつかないにょー

  • 素人で一般人の私としては、日本の国・・そして政治などの勉強するにはこの本がありがたい。

  • 帯裏
    【この巻のテーマ】中華ナショナリズム・チベット ウイグル大虐殺・靖國神社・保守政治家・沖縄集団自決・パール判決書・無差別殺人・ロスジェネ・エコブーム・ニューハーフ・立ちション

全7件中 1 - 7件を表示

ゴーマニズム宣言NEO1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゴーマニズム宣言NEO1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴーマニズム宣言NEO1はこんな本です

ツイートする