銃口〈上〉 (小学館文庫)

  • 307人登録
  • 3.83評価
    • (41)
    • (35)
    • (60)
    • (1)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 三浦綾子
  • 小学館 (1997年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094021813

銃口〈上〉 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に三浦綾子を読みたくなり、本書を手に取りました。
    もっとも、白状すると、三浦綾子の作品で読んだことがあるのは「塩狩峠」だけ(拙宅の書棚には「泥流地帯」「広き迷路」「病めるときも」の3作がありますが、いずれも未読)。
    「塩狩峠」は、人は命を擲ってでも信念を貫くことができるのか、そこに信仰はどう介在するのか。
    そんな作品だったと記憶しますが、とにかく何度も有責感を催し、胸を締め付けられたのだけは、はっきりと覚えています。
    あ、でね、何で、「銃口」かというと、道新の「ひと」欄で、このたび三浦綾子記念文学館の館長に就任した田中綾さんの記事を読んだから。
    田中館長は、最も影響を受けた三浦作品として本作を挙げていたのです。
    おおお、読まねば、と思って早速、懇意にしているアマゾンさんに云って取り寄せた次第。
    本作を読んでいる途中で、例の森友学園問題が出ました。
    結果的には、とてもタイムリーな読書体験になりそうです。
    レビューは下巻を読んでから。

  • サスペンスかと思っていたが、小学校教諭の話。主人公は、小学校の教師になる。戦雲急となってくる。2017.10.23

  • 普段は一度読んだ本を読み返す事はほとんどしない私です。
    読みたい本が、文字の通り山の様に積み上がっているので。

    中学生の頃に三浦綾子作品と出会い、強い衝撃を受けました。
    今まで読んできたどの本よりも心にズシンときて
    それからは三浦綾子作品を読み漁る日々でした。

    銃口も確か中学か高校の頃に読んだ記憶があります。
    急にもう一度読みたくなり、実家の本棚から拝借してきました。


    とても読み易いのです。それこそ中学生が読んでも決して難しく感じる事はないでしょう。

    戦前の北海道を舞台に、教師をしている青年の話が筋。
    三浦綾子さんも戦前、戦中と学校の先生をしていらした様で、本当はこう子供たちに教えたかった
    と言う願望でしょうか、そう言うものが見え隠れしています。

    当時戦争に反対していた教師も沢山いたでしょう。
    子供たちに戦争をどう教えるべきか、葛藤していた教師も大勢居たと私は思いたい。


    話の筋は大体覚えていたものの、改めて読み返してみると
    何だか大切な言葉をすっかり忘れていたりしていて、大好きな本を再読するのも良いものだと深く思いました。
    下巻へ続きます。

  • 教師を目指し、教師になった竜太の話。
    三浦文学によくみられる潔癖さと優しさを持つ主人公と恋人。
    戦中戦後の治安維持法(大正14年)、言論統制、国家総動員法が施行される前後の話。教師になった竜太にも暗い影が覆いかぶさる。

    暗い世相になっていく時代については知らないことが多かったので、なんとなくでも知ることができて勉強になりました。

  • 名作

  • 穏やかな教員生活に、不穏な影が。
    戦中の時代なので、理不尽な言論統制があったのだが、三浦綾子が題材に取り上げ、「銃口」というタイトルを冠するからには、尋常でない物語がこれから始まるのだろう。

    読まなければならない。

  • 三浦綾子の最後の作品。主人公の幼年時代から学校教師に憧れ、小学校教師として働くまで、幼なじみの友との秘かな恋。昭和初期の天皇のご真影への礼拝。そのような主人公に治安維持法の陰が。日本が暗くなっていく時代ですが、素晴らしい前向きな人たちとの出会いに励まされる主人公。著者の描く人はみんな善人ばかりで、読んでいて心がほのぼのとしてきます。

  • 深く考えさせられる作品。

    「昭和を背景に、神と人を描いてください」との依頼を受けて書いた作品、と夫の光世さんがおっしゃっていた。
    「綾子も難しいと悩んだけれど、断らなかった。むかし松本清張氏に"どんなに難しい課題も頼まれたら受けなさい"と助言されていたから」とも。

  • 旭川などを舞台とした作品です。

全28件中 1 - 10件を表示

三浦綾子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三浦 綾子
有効な右矢印 無効な右矢印

銃口〈上〉 (小学館文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銃口〈上〉 (小学館文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銃口〈上〉 (小学館文庫)のKindle版

銃口〈上〉 (小学館文庫)の文庫

銃口〈上〉 (小学館文庫)のKindle版

ツイートする