サラバ! 上 (小学館文庫)

  • 281人登録
  • 4.06評価
    • (6)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 西加奈子
  • 小学館 (2017年10月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094064421

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

サラバ! 上 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • 主人公である歩の幼少期。

    猟奇的な姉、感情的な母と物静かな父に囲まれて育つ。
    そしてエジプトでの暮らし。

    そこで心の友ヤコブとの出会と別れ。
    人生は自分以外の人間によって決められ、それを受け入れるしかない諦観の精神を植えつけられる。

    この物語がこの先どうなって行くのか予想がつかない。

  • 上中下の三分冊を、まずはこの上巻だけ買ったが、ちゃんと『こちら、上巻で宜しいですか?』と確認された。しっかりしてるな、紀伊国屋の店員さん。
    父の赴任先のテヘランで生まれた歩。イラン革命で日本に帰り幼少期を過ごすが、小一の時に再び父の仕事で今度はカイロで暮らすことになる。
    存在感のない父、生活感のない母、問題児の姉とともに親戚のおばさんや大家さんやメイドや運転手などに囲まれて過ごす日々。
    テンポ良く進む話で、物語のkey wordであろう“サラバ!”も出て来たが、まだこの話の肝が見えず。
    生まれながらの格差、世界の中の日本人、マイノリティの生き方、一人の少年の波乱万丈の生涯…。
    さてさて、これからどうなるの?ナイル河に現れた白い生物の謎とともに、中巻へと続く。

  • なるほど、一代記モノか。タイトルからは内容が全然読めんかったけど、とりあえず本上巻を読み終えた時点で、このタイトルには納得。これだけ連呼されると、もうこれ以外には考えられないですね。こういう作品の場合、キャラ設定の出来・不出来が、まんまダイレクトに物語の出来映えに反映されちゃうけど、そういう意味では素晴らしいです。”サラバ!”。あと、「キミハヒワイダトッ」事件もサイコー。そんな感じで散りばめられる笑わせどころも満載で、かつそれぞれが普通に面白い。逆に上巻の最後はちょっとしんみりした感じで、抑揚のつけ方も素敵。これがまだあと2冊分も読めるってのは幸せですね。存分に味わわせて頂く次第。

  • 圷家inエジプト。
    中東の人というとなんとなく「厳しい」イメージがあったけれど(顔つきがくっきりしているということもあるかもしれない・・)、人懐こくて寂しがり屋という面があるのだと知れて勉強になった。
    あとヤコブの存在感が尊すぎて、二人が離れなければいけない局面は私もなぜか辛かった。

  • 文庫出るの待ってましたー!の勢いで上巻一気読み。ちょ、姉のインパクトwww同じ一人称で書かれた「i」や「舞台」に比べて主人公がクセがない(今のところ)ので、読み易いと思う。周りは凄いけどwこれは西さんにしか書けない小説。いいなぁと一緒にエジプトで生活した気になってみた。一つの国で暮らすも幸せ、広い世界を知るも幸せ

  • おもしろかった。ずっと文庫になるのを待ってたんだよ♪

  • 子供の頃の感覚や友情などの瑞々しい気持ちを思い出させてくれた。エジプトと言う異国での体験が生き生きと描かれ読んでいてワクワクさせられる。

全7件中 1 - 7件を表示

サラバ! 上 (小学館文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

サラバ! 上 (小学館文庫)の作品紹介

累計百万部突破!第152回直木賞受賞作

僕はこの世界に左足から登場した――。
圷歩は、父の海外赴任先であるイランの病院で生を受けた。その後、父母、そして問題児の姉とともに、イラン革命のために帰国を余儀なくされた歩は、大阪での新生活を始める。幼稚園、小学校で周囲にすぐに溶け込めた歩と違って姉は「ご神木」と呼ばれ、孤立を深めていった。
そんな折り、父の新たな赴任先がエジプトに決まる。メイド付きの豪華なマンション住まい。初めてのピラミッド。日本人学校に通うことになった歩は、ある日、ヤコブというエジプト人の少年と出会うことになる。

ツイートする