イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 灰原とう
制作 : 太郎 
  • 小学館 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094510928

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)の作品紹介

「ドロンコ王国」。ドロイド王子とコロイド王子が、ひと月かけて集めた子どもたちによって生み出された泥の王国は、崩壊の時を迎えていた。王国の調査を進めていたふたり、アーニャは囚われ、直純は行方不明に。暴走する「いのちのママ」ドロンコ大王は、子どもたちを追いかけ、ついにはドロイドに襲いかかる。そして…溶けてゆくコロイド。泥の洞窟を突き進んでいた砂夜は、ドロイドとともに地上に戻るべく、ボロボロになった怪銃ケロピーを握りしめる-。短編「冬のヨルガヲ」を含む、ある夏の子どもたちの物語。

イメイザーの美術 3 砂と星のあいだに (ガガガ文庫)はこんな本です

ツイートする